M.E.バーシム(ムタズ・エサ・バルシム)・世界一高く飛ぶ男走高跳2m43・世界陸上北京

数々の日本人選手の活躍が期待されている、今年の世界陸上北京。

 

8月に開幕する選手の中で、自分の力でバレーボールネットを飛び越える男がいる。

 

M.E.バーシム(ムタズ・エサ・バルシム)。

 

カタール出身の彼は、強いハングリー精神で世界記録をもっている。

 

M.E.バーシム(ムタズ・エサ・バルシム)について調べた。

 

スポンサードリンク



M.E.バーシム(ムタズ・エサ・バルシム)プロフィール

生年月日 1991年6月24日

 

出身 カタール

 

専門 走高跳

 

アフリカ系の祖先をもつ。

 

父親はカタール生まれのカタール人。陸上では競歩の元カタール代表選手。

 

弟も走高跳の選手で、2014年の世界陸上で銅メダルを持っている。

 

ロンドンオリンピック男子走高跳決勝で銅メダルを獲得。

 

現在、人類の中で最も高く飛ぶ男である。

 

2メートル43センチと言う、バレーボールのネットと同じ高さを跳躍する。

 

身体能力は家族そろって高いと思われる。

 

今年の世界陸上でも優勝候補との呼び声が高い。
スポンサードリンク

苦労人のバーシム

バーシムは陸上に関しては、かなりの苦労人である。

 

2010年にアジア室内陸上競技選手権大会で優勝し、2010年の世界室内陸上競技選手権大会の代表になるも、予選で敗退。

 

アジアでは8位の記録を持ち、世界ジュニア陸上選手権大会では金メダルを獲った。

 

2011年のアジア大会では、室内記録で優勝。金メダルに輝いた。

 

ロンドンオリンピックで銅メダル。

 

2013年のダイヤモンドリーグでは、2メートル40のアジア新、屋内世界記録4位タイ。

 

2メートル40センチオーバーは21世紀で初となった。

 

自身はかなりの細身。

 

体格のいい欧米人に交じると、まるで違う人間のような容姿のバーシム。

 

跳躍に必要な最低限の筋肉を残し、体重を思いきり絞っているのがわかる。

 

その軽い体で、2メートル40センチを超える跳躍を見せる。

 

飛び方は背面跳びで、バレーボールのネットなど余裕。

 

棒高跳びのように道具を使わない走り高跳びなので、高さの限界は持って生まれた身体能力にかかっている。

 

バーシムは、宅い稀なる跳躍力で、その高さを飛ぶ。

 

彼の活躍を応援したい。

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*