厳選高級コーヒー豆・コーヒー1杯いくら?所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!

今回の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」では、高級コーヒー豆が登場。

 

コーヒー好きの自分としては、ぜひ飲んでみたい!と思う超高級コーヒー豆があります。

 

果たしておいしいの?どんな味がするの?

 

調べてみました。

 

スポンサードリンク



世界で有名な高級コーヒー豆

 

6776490006_83d9850ffb_b
高級コーヒー豆と言えば、なんといってもコピ・ルアク。

 

ジャコウネコのふんから採取した豆を使って飲むコーヒーです。

 

ジャコウネコの腸の中でいろいろな細菌に触れ、熟成?した豆は格別だとマニアの間でも人気。

 

そのコピ・ルアクを軽くしのぐ、より高級なコーヒー豆をご存知ですか?

 

それは、ブラック・アイボリー。

 

いったいどんな豆なんだ・・・と思ったら、やっぱりこっちも動物の体内で熟成?する系。

 

それはなんと象!

 

33キロのコーヒー豆を象に食べさせ、収穫できるのはやっと1キロ。

 

1キロ9万円という高級豆です。

 

コーヒー1杯あたり4100円するのだとか。

 

てゆうか、なんで動物に食べさせると高くなるんでしょうね?

 

調べてみると、動物が腸の中でコーヒー豆を消化させようとするとき、コーヒー豆は消化しきれない状態になります。

 

そのとき、豆から酸味が抜け、独特の味わいになるそうです。

 

それは、ジャコウネコも象も同じらしいです。

 

ただ、コピ・ルアクは肉食のジャコウネコからの収穫ですから、味には少々癖があるらしいです。

 

コーヒーらしいコーヒーが好きな人には、はまる人も多いんだとか。

 

それに対してブラック・アイボリーは、草食の象からの収穫ですので、また少し酸味のないさっぱりとした味になるそう。

 

なるほど・・・たしかに動物によって違って当然ですね。

 

このブラック・アイボリー、本当に希少で、特別と言われるゲイシャ種よりもはるかに貴重。

 

一生に一度は飲んでみたいものですね。

 
スポンサードリンク

 

そのほかの高級コーヒー

 

lgf01a201307300200
私は池袋の服部コーヒー店の700円のコーヒーですら「おいしいけど高いよ!」と思ってしまう人間ですが、人によってはその価値がちゃんとわかる人もいるのでしょうね。

 

今話題になっているのが、サードウェーブコーヒーというコーヒーの種類。

 

ファーストがアメリカでのアメリカンコーヒー、セカンドが、今スターバックスなどで使われているシアトルコーヒー。

 

そして最近話題なのが、サードウェーブコーヒーと言う種類だそうです。

 

ドリップ方法が独特で、ちょっと濃い目の感じが特徴だそうです。

 

スターバックスもけっこう濃い目に出ますよね。

 

アメリカンの軽さを考えると、サードウェーブの感じが想像できるのでは。

 

番組で紹介されるかはわかりませんが、一度飲みに行ってみたいですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*