腸内フローラとは・腸内環境改善でアトピーも良くなる?体験記

 

腸内フローラという言葉を最近聞きます。

 

ずっとなんだろう、と思っていたのですが、どうやら腸内の環境に関係するようです。

 

実際にアトピーの私が、「腸内環境・腸内フローラ改善」でアトピーが良くなるか、試してみました。

 

そのまとめです。

 

スポンサードリンク



腸内フローラとは、腸内の菌のこと

 

0-94
腸内フローラとは、腸内にいる善玉菌、悪玉菌、日和見菌の集合のことです。

 

人間の細胞は約60兆個といわれていますが、この腸内の最近は100兆個いる、と言われています。

 

結構すごい数が済んでいるんですね。

 

善玉、悪玉、日和見とも、すべていろんな種類の菌があります。

 

乳酸菌とか、バチルスとか、聞いたことのあるある細菌から、全然知らない細菌まで、たくさんです。

 

そのバランスによってできているのが腸内フローラ。

 

なので、この腸内フローラを整えることで、さまざまな病気から自分を守ることができます。

 

腸内フローラのバランスが崩れることで起こる病気は、まずは便秘や下痢。

 

腸内の環境がダイレクトに表れる状態です。

 

そして、ストレスがたまると、腸内フローラの状態は悪くなり、より環境が悪くなります。

 

すると、体の免疫力が落ちたり、ストレスで鬱状態になったり、自律神経の副交感神経を鈍くし、不眠や疲れを引き起こします。

 

いままでの研究では、そんなに注目されていなかった腸内フローラですが、実は様々な疾病や体調不良の原因が腸ではないか、という説が有力になっています。

 

今まで、足の裏が「第2の心臓」と呼ばれていましたが、それから第2の心臓はふくらはぎになり、そして今、「腸こそが第2の心臓」ともいわれています

 

そして、その腸内フローラが関係していると思われるのが、アレルギーやアトピーの症状です。

 
スポンサ ードリンク




 

腸内環境を整えると、アトピーは良くなるのか?

 

food_yogurt
私はアレルギー性のアトピーの症状を持っています。

 

自分の腸内環境は分かりませんが、乳製品にも強い一方、食物アレルギーもあります。

 

私の場合、どうやら「遅行性」と呼ばれる、食品を摂取した時ではなく、食品が消化される時間帯にアレルギーやアトピーの症状が現れる「遅行性アレルギー」と呼ばれる症状のようだと最近気がつきました。

 

ということは、やはり、腸内の環境が悪くなると、具合が悪くなり、気持ち悪くなり吐き気がし、辛い思いをするわけです。

 

「遅行性アレルギー」によるアトピーの症状は、病院で調べることができます。

 

気になったら行ってみるといいと思います。

 

試しに、無糖のプレーンヨーグルトを、2週間くらい食べ続けてみました。

 

本当は、医師に「常にヨーグルトは食べるように」と言われていたのですが、高いので今までやったことがありませんでした。

 

ヨーグルトは普通のヨーグルトです。

 

効果はいまいちわかりませんでしたが、寝起きが良くなり、アトピーも若干収まった気がしました。

 

ヨーグルトは腸まで届かなくても、その「カス」が善玉菌の栄養になるそうです。

 

アトピー、アレルギーの方は、ヨーグルトをお勧めします。

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*