初心者さんにお勧めの手縫いでOK!チュニック・すてきにハンドメイドを参考に

これからのシーズン、ちょっと出かけるときに役に立つ、半袖チュニックの簡単作り方をご紹介します。

 

初心者さんも、はじめてソーイング体験の人も、誰でも作れる簡単チュニック。

 

「すてきにハンドメイド」を参考に、ミシンを使ってみましょう。

 

それでは、はじめましょう!

 

スポンサードリンク



ぱぱっと切ってちょっと縫うだけ!簡単チュニック

 

無題
初心者さんにぜひ作ってほしいのが、簡単チュニック。

 

これは袖をつけたり、襟をつけたりしないので、誰でも簡単に作れますよ。

 

まずは、布を中表で二つ折りにします。

 

縦にですよ。横じゃないです。

 

体の正面の部分が輪になります。

 

左右を同じにするために、二つ折りにします。

 

そして、大体でいいので、チュニックの体半分の形をチャコペンで書いてしまいます。

 

ちょっと大きめに書くと、あとで小さくできます。

 

カリカリっと書いてしまいましょう。

 

今持っているチュニックを当てて書いてもいいです。

 

そうしたら、その線に沿って布を切ります。

 

2センチくらい大きめに切りましょう。

 

縫いしろと、余裕を見て切りましょうね。

 

首と袖の部分、体の部分、すその部分、全部つなげて描いて切ります。

 

切ったら広げてみましょう。

 

ちゃんとチュニックの形になっていますか?

 

できたら、それをもう一つ作ります。

 

2枚ないと、体が入りませんからね。

 

切った布を当てて、もう一回チャコペンで書いて、切り抜きます。

 

これで準備はOK。あとは縫うだけです。
スポンサードリンク

ミシンが苦手な人は、手縫いでもいいです。

 

まずは、どこが「輪」になるか考えます。

 

袖口、首回り、それからすその部分ですね。

 

その4か所は縫い合わせません。

 

布を中表にくっつけて、まずは肩から、縫っていきます。

 

両方の肩、それから、両方の袖の下から体の部分です。

 

そこまで縫えたら、もう出来上がりは見えていますよ!

 

輪っかになる袖口、えり、すそを内側に2回折ります。

 

くるんくるんと回すように。これでほつれなくなります。

 

そこでアイロンをかけて、ここも縫いましょう。

 

手縫いでもいいです。とにかく縫いましょう。

 

全部縫ったら、布を表に反して、はい、チュニックの完成です。

 

これは、「1枚はぎ」と呼ばれる方法で、袖や身ごろをいくつもにわけないで、前側1枚、後ろ側1枚で縫う方法。

 

ちゃんとした洋裁の基本です。着れますか?

 

大きめに作っておけば、上からかぶって着ることができます。

 

ちょっと近所に、なんていうとき、これがあると便利ですよ。

 

ぜひ作ってみてください。

 

同じくすてきにハンドメイドを参考にした記事はこちら
メンズシャツリメイク術・シャツからブラウスを作る方法・すてきにハンドメイドを参考に

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*