フルーツトマトをプランターで甘く育てるには・コツとポイント

甘くておいしいフルーツトマト。

 

これを自宅のプランターで育ててみたい!という方も多いのでは。

 

おいしいフルーツトマトをプランターで簡単に育てる方法をまとめました。

 

スポンサードリンク



フルーツトマトは存在しない?

 

厳密に、甘くておいしいトマトをフルーツトマトと呼びますが、実際に「フルーツトマト」というトマトがあるわけではありません。

 

トマトは小粒、中粒、大粒に分けられており、その中の特に人気な「桃太郎」や「塩トマト」といった品種が、一般的に「フルーツトマト」と呼ばれています。

 

特徴は、作り方。

 

糖度を高くするため、極限まで水をやらず、いじめ抜いて育てたトマトが特に甘くなり、フルーツトマトと呼ばれます。

 

その糖度はメロンの14に匹敵するくらい。

 

「塩トマト」などは、産地の状況で塩分が多い土壌で育てられるのに、なぜか糖度が高いです。

 

トマトの栽培には不思議がいっぱいです。

 

甘いトマトの育てかた

ミニトマト

 

トマトの栽培には、多くの土が必要です。

 

特にトマトは根張りが強いので、プランターで作るならかなり大きく、たくさんの土を入れて、移動は不可能の考えて作るのがいいです。

 

トマトの栽培は、苗作りから始めると大変手間がかかり、難しいです。

 

ですので、まずはミニトマトを甘くする方法を考えた方がいいでしょう。

 

栽培には、ミニトマトが向いています。

 

栽培の工程には、苗作りをして、苗を選び、畑を作り、支柱を立て、芽を誘引し、わき芽をとり、花を摘心し、肥料を追加していきます。

 

これを1年間ほど続けて行います。それでやっと収穫です。

 

一度栽培したら、2~3年は土を変えて土を作り直します。その方がよりおいしいトマトができます。

 

初心者というよりは、いくらかのプランターでの野菜の栽培経験がある人向きです。

 

スポンサードリンク

 

 

甘くておいしいトマトを作るコツは、肥料をしっかりやること、そして雨に気をつけることなどがあります。

 

雨によって、トマトの身が割れることがあります。

 

タバコを吸う人は、トマトに触る前には手を洗いましょう。

 

トマトは病気に弱く、ちょっとしたことで上手く育ちません。

 

まとめ

 

大変なことが多いですが、自宅で作ったトマトは、売っているものよりも数段おいしいです。

 

ぜひプランターで作ってみて、お子さんと食べ比べてみてください。

 

格段のおいしさに驚くはずです。

 

そのために、手間暇かけて頑張って育てましょう。

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*