ハイアットリージェンシー空中通路落下事故、アメリカ史上最悪の建築物崩落・水トク!「世界衝撃映像100連発」

1981年7月17日、アメリカ・ミズーリ州・カンザスシティで起きた、アメリカ史上最悪の建築物落下事故、それがハイアットリージェンシー空中通路落下事故だ。

 

死者114人、怪我人は200人を超えた。

 

そんな事故の原因とその後について調べた。

スポンサードリンク



ハイアットリージェンシー空中通路落下事故・内容

1981年7月17日、アメリカ・ミズーリ州、カンザスシティでこの事件は起こった。

 

その日、ホテル・ハイアットリージェンシーではダンスイベントが起こっており、たくさんの見物人がいた。

 

ホテル・ハイアットリージェンシーには2階、3階、4階に空中通路があったが、2階と4階が上下に、少しずれた場所に3階の空中通路が作られていた。

 

事件当時、空中通路には、それぞれ20人から40人の見物人がいた。

 

19時5分、4階の空中通路が60人の重さで変形を始めた。繋がって作られていた2階の空中通路も崩落を始めた。

 

その時刻、ロビーには1600人の人がイベントを見ていたが、空中通路はその上に崩落。大変な被害者を出すこととなった。

 

救助活動は困難を極めた。崩落した空中通路が重く、通常の機器では釣り上げられず、結局窓を破って持ちあげるしかなかった。

 

たいへんな死者、怪我人を出したこのハイアットリージェンシーの空中通路落下事故は、世界中で報道された。

 

皮肉にも、イベントを撮影に来ていたテレビクルーが、その事故の瞬間を撮影するという事態になった。

 

スポンサードリンク

ハイアットリージェンシー空中通路落下事故・原因

この事故の原因になったのは、空中通路を作る際の設計にあった。

 

本来ならば2階、3階、4階と空中通路をそれぞれ横に4本のボルトで止める設計だった。

 

しかし、工事を請け負った会社が無断で設計を変え、4階の空中通路に2階の空中通路がぶら下がる形での施工をした。

 

この時点で、このハイアットリージェンシー空中通路は、何もしなくても崩落する危険があった。

 

人々はそれを知らず、2階と4階の空中通路にいた、たった60人の加重で崩落する結果となった。

 

それも、ロビーに人が1600人詰めかけているイベントの真っ最中、という最悪のタイミングだった。

 

この事件をきっかけに、アメリカでは、建築物の基準の見直しがされ、国を挙げての整備計画が行われた。

 

このハイアットリージェンシー空中通路落下事故にかかわったエンジニアはライセンスをはく奪されたが、特に罪には問われなかった。

 

まとめ

今でも中国などでおこる建築物の崩落や事故。これを防ぐには、世界中での建築物への安全基準を引き上げる取り組みが必要だ。

 

地震大国日本でもそれは例外ではない。しっかりとした技術を持った施工業者が設計の通りに建築物を作ること、それが何より重要である。


スポンサードリンク

コメントを残す




*