京一郎とはるみの次のシーズンは?「辞令は突然に…」秘密のケンミンSHOW 

これまで秘密のケンミンSHOW!の中ながら人気を博していたミニドラマ、「辞令は突然に・・・」。

 

ファーストシーズン、セカンドシーズンを終えてやっと一息。

 

次のサードシーズンへ?!京一郎は?はるみは今何をしているのか?

 

ここまでの流れをまとめました。

スポンサードリンク



「辞令は突然に…」ここまでの流れ

なんだかんだ続いてきた秘密のケンミンSHOW!のミニドラマ、「辞令は突然に…」

 

京一郎は会社員。妻のはるみは主婦だった。

 

そんな京一郎に転勤の辞令が下るところから毎回ドラマがスタートする。

 

ちなみにドラマのタイトルは「ラブストーリーは突然に」のパロディである。

 

その前のコーナーは「県の中心で愛を叫ぶ」であった。

 

まずドラマの冒頭に「ラブストーリーは突然に」が流れる。

 

ファーストシーズンは失恋を繰り返し、日本中を転勤で回っていた京一郎、大阪府出身の水沢駿が演じていた、が、周り回ってはるみ、埼玉県出身の黛英里佳、と出会い、結婚。夫婦となった二人がやはり転勤で日本中を回るというストーリーだ。

 

ファーストシーズンは毎回転勤に付き合わされてきたはるみが離婚を考えて京一郎に文句を言うと、実はその辞令はは東京本社への辞令だった、という結末。

 

続いて始まったセカンドシーズンははるみの立場にフォーカスし、専業主婦だったはるみがアナウンサーに復職し、京一郎の転勤に合わせて地方の各局を回る。

 

「そのとき、あなたは夫を選びますか、仕事を選びますか」というサブタイトルがつき、はるみの立場になったら自分はどうするか、世の女性に大変考えさせた。

 

転勤になるたびに、ドラマの冒頭でその県の中心の空港や駅に2人が現れ、その県出身の歌手の歌が流れる。

 

スペシャルでは、その県の出身の俳優が京一郎の上司役に出てくることも。

 

ドラマ放映中には、CMにも起用されコラボ作品を、石川県とは新幹線開通のCMで京一郎とはるみがカムバックした。

 

スポンサードリンク

気になる続き

 

2015年12月10日に「特別編 京一郎昇進祝い!懐かしの上司達大集結」編が放送され、これでドラマは完全に終わったかに見えた。

 

しかし、今回また京一郎とはるみのドラマを放送するという。

 

いま二人は何をしているのか?それがテーマだという。

 

果たしてサードシーズンへの発展はあるのだろうか?

 

秘密のケンミンSHOWの中でも特に人気だったのがこの「辞令は突然に…」というドラマである。

 

毎週、前編と後編に分かれて1つの県についてドラマ形式で紹介する。

 

ファーストシーズンでは神奈川や埼玉など、東京に近い県はさらっと紹介されて終わることが多かったが、セカンドシーズンではけっこうしっかりと脚本ができており、東京編までもスペシャルで行った。

 

もしサードシーズンがあるとしたらそれはまた「もし・・・なときに、あなたはどうするか」というようなテーマがあってのものになるかもしれない。

 

まとめ

毎回コメディータッチで繰り広げられる京一郎とはるみの夫婦のドラマ、そしていろんな県を面白く紹介する方法。

 

「辞令は突然に…」の人気はただ都道府県を回るだけ、というものではなかった。

 

そこにある人間ドラマがまた面白いのが特徴であった。

 

果たしてサードシーズンは再開するのか?今後の情報を待ちたい。


スポンサードリンク

コメントを残す




*