畠山陽一・妻の烈子と起こしたヒマラヤ山脈でがん克服の奇跡・奇跡体験!アンビリバボー

あなたは、もし自分が「ガンです」と宣告されたらどんなことを思いますか。

 

ちゃんと治療して直したい、あるいは、もうダメだ、とあきらめますか?

 

畠山陽一さんはそんな絶望的な中、妻の烈子さんと生きることを決めました。

 

その奇跡についてご紹介します。

スポンサードリンク



畠山陽一さんのガン

畠山陽一さんがガンの宣告を受けたのは、64歳のときでした。

 

悪性リンパ腫、胃、脾臓、そして膵臓のガンでした。すべてガンはステージ4、一番重い状態のガンでした。

 

余命は長くて4か月。

 

畠山陽一さんは、元中学校の教師で、退職してからは自分で世界中の山に上り、高山植物やキノコについて研究していました。

 

ネパールの山からの帰りに急に歩けなくなってからの、突然のがんの告知でした。

 

そのときから、畠山陽一さんは「生きること」を決めます。

 

すぐに胃と脾臓の一部を手術で摘出しますが、その後、妻の烈子さんが気を利かせて車いすをもってこようとすると、「いらない」と自力で歩いて病室に戻りました。

 

私は生きるために手術をしたのです。であれば、その瞬間から生きるために全力投球をしようと。
では、なにをすればいいかとうと、まず歩くことからです。自分の足で病室に戻ろうと。そこからが治療のスタートです。

 

繰り返される化学療法の中、毎日自転車で畠山陽一さんの元に通う烈子さんを見て、畠山陽一さんは「夫婦でヒマラヤに上る」ことを決意します。

 

スポンサードリンク

夫婦で生きてきた道

夫婦にとって一緒に山に上ることは、大学の山岳サークルで出会ったころからの夫婦の共同作業でした。

 

化学療法を途中でやめて畠山陽一さんは勝手に病院を退院し、妻の烈子さんと一緒にニュージーランドの山に上ります。

 

そのあと、ヒマラヤ登頂の計画を立てます。医師には自殺行為と止められましたが畠山陽一さんは気にしませんでした。

 

そして烈子さんと一緒にヒマラヤに挑み、最高齢の登頂記録を作ります。

 

そして現在。畠山陽一さんのがんは、なぜかほとんど治っています。悪性リンパ腫は残っていますが、胃、脾臓、膵臓のがんはもう問題がないそうです。

 

そんな自分について、畠山陽一さんはこう語ります。

 

どんなに素晴らしい名医と出会っても、どれほどの特効薬ができようとも、「生きるんだ!」という気力がなければ、がんを克服することはできません。

 

私の近くの奇跡体験

実は、私自身の身近にも、そんな風にがんを克服してしまった人がいます。

 

実家の隣人のSさんです。

 

Sさんは根っからのガテン系のお仕事と性格でした。もう竹を割ったような、というか、細かいことは気にしないけど職人肌、という感じの人です。

 

そんなSさんに10年ほど前胃にがんが見つかりました。ステージ4で、もう治療は無理、と医師に言われたそうです。

 

Sさんの奥さんは毎日うちにきて、「夫が死んだらどうしよう」と泣いていました。うちの家族みんなで奥さんを支えたのです。

 

その奥さんがいうには、「Sさんは「自分が死ぬわけねえ!」と言いはって治療も受けず、毎日漫才を見て笑っている」そうでした。

 

それからしばらくしても、Sさんの容体は悪くなりませんでした。

 

奥さんに助言して、Sさんを病院の検査に連れて行きました。

 

すると、ステージ4だったがんがすっかり治っていたのです。

 

Sさんからすると、「俺ががんで死ぬわけないから当たり前」だったそうで。まあ、ガテン系の人なので。

 

そんな奇跡を知っていた私は、この畠山陽一さんの話は決して特別なことではないことを知っているのです。

 

まとめ

最近では、「むしろ医療を受けることが短命につながる」というような本がたくさんでています。

 

食事も医療も少な目に、という風潮が強いです。

 

しかし、適切な医療を受けることは大変重要です。インフルエンザにかかっても「インフルエンザじゃない」と言い張るのはおかしいことです。

 

しかし、人間には未知とも思える不思議なことが起こることも確かです。この畠山陽一さんや隣人のSさんのように、人体の力を引き出せる人もいるのです。

 

大事なのは、やはり「生きる意志」でしょう。それがあるとないでは、何もかもきっと変わってしまうのだろう、と思います。

 

こちらの記事も参考にしてください!

 

チェリーを育てた神戸市立王子動物園亀井一成さんとその家族・奇跡体験!アンビリバボー

 

愛犬オリーを襲った「ダニまひ症」全身がマヒしてしまう奇病とは・奇跡体験!アンビリバボー

 

トムラウシ山遭難・夏山最大の事故、低体温症の生死を分けたものは・奇跡体験!アンビリバボー

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*