平野ノラ・天才バカボンでバブルの痛い女を全開?結婚はしてるの?

遅咲きの芸人、平野ノラ。バブルのころの女性のネタでいま注目を集めている。

 

そんな平野ノラが金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『天才バカボン~家族の絆』に出演。

 

いろんな意味でいたい女性の平野ノラのキャラはいったいどんなもの?

 

平野ノラについてご紹介します。

スポンサードリンク



平野ノラのプロフィール

生年月日:1978年10月20日

 

出身地:東京都

 

血液型:AB型

 

身長:162cm

 

ワタナベコメディースクール出身の平野ノラ。元々はハバノラというコンビを組んでいた。

 

それが解散してからは、自分ひとりのバブル女性ネタを披露するようになった。

 

そこまで来るのには、なかなか一筋縄ではいかない経歴がある。

 

高校生のころ演劇をやるがお笑いを目指す。

 

1度は挫折してOLをやって、絵をたくさん描いて個展を開いたことも。

 

そんななか、「自分が本当にしたいことはなんだろう」とかんがえ、30代でお笑いの道に。

 

そんな人生の苦労人、平野ノラはどんな人物なのだろうか。

 

スポンサードリンク

結婚も出産も、考えない人生

 

平野ノラは自分が30代で女性芸人となったことである覚悟を決めている。

 

それは、結婚も出産も考えない、まっすぐな「芸人」としての人生だ。

 

ブログを読んでいるとわかるが、大変聡明でしっかりした人物の印象が分かる。

 

そんな平野ノラだから、自分の芸風をつき通し、結婚や出産といった「一般的な女性の幸せ」までも手に入れることは不可能、と考えたのかもしれない。

 

すっぴんは大変な美人で普通にモテそうな感じ。

 

結婚などは考えていないようだが、恋愛には積極的なようだ。

 

自分にとって恋愛は欠かせないものだと言った。

 

たしかに、世間の女芸人は昔はあまり結婚も出産も考えていなかったように思う。

 

芸能人として生きていくために、なにかを犠牲にする必要があったのだろう。

 

だが、今は「結婚ネタ」ができるくらいに女芸人の生き方は広がっている。

 

自分の結婚や出産すらネタにしてしまう、そんな芸人もいる。

 

そんななか、「芸人になるなら結婚も出産もどうでもいい」と言い切る平野ノラはちょっとかっこいいと思うのは私だけだろうか。

 

まとめ

もともとが美人でバブルネタがしっくり来てしまう平野ノラ。

 

その生き方も大変潔い。ブログからは聡明で、現実的な一面がうかがえる。

 

30代からの遅咲きだが、これからもっと活躍してくれることを祈る。


スポンサードリンク

コメントを残す




*