豚ときのこのホイコーロー風のまとめつくりのコツ・レシピまとめ・きょうの料理

ついついご飯が進んでしまうホイコーロー。これを日持ちする夏向けバージョンに作り替えます。

まとめて作っておいて、ご家族の夏バテ防止に役立てましょう。

スポンサードリンク



豚ときのこのホイコーロー風

基本の作り方
2人分
・キャベツ 4~5枚(300g)
・豚バラ肉 (薄切り) 150g
【下味】
・しょうゆ 小さじ1
・酒 小さじ1
・しょうが 1/2かけ
・にんにく 1/2かけ
・ねぎ 1/2本
・サラダ油 大さじ2
【合わせ調味料】
・みそ 大さじ2
・酒 大さじ2
・豆板醤(トーバンジャン) 小さじ1/2
・かたくり粉 小さじ1/2

つくり方

肉に下味をつける

1 豚肉は5cm長さに切ってバットに入れ、【下味】の材料をふってもみ、約10分間おく。
下ごしらえをする
2 キャベツは5cm四方に切る。しょうがは皮を薄くむき、みじん切りにする。にんにくもみじん切りにする。ねぎは斜めに5mm幅に切る。【合わせ調味料】を混ぜ合わせる。

ポイント
炒め物は手早さが大事。調味料をあらかじめ混ぜ合わせておくと、手早く味つけができる。
豚肉をゆでる

3 鍋に水カップ4~5 を入れて強火で沸かす。1の豚肉を入れ、約30秒間ゆでて八分ぶどおり火を通して引きげ、ざるに上げて水けをきる。
香味野菜と 豚肉を炒める
4 フライパンにサラダ油大さじ1を入れて中火で熱し、2のしょうがとにんにくを炒める。香りがたったら、ねぎ、豚肉を加えて約1分間炒め、肉に軽く焼き色をつけて取り出す。
キャベツを炒める
54フライパンにサラダ油を大さじ1を足し、2のキャベツを広げて入れ、木べらなどで押しつけながら約2分間焼き、上下を返して約1分間炒める。
64の豚肉と香味野菜を戻し入れる。

合わせ調味料を加える
72の【合わせ調味料】をもう一度混ぜて回し入れ、強火にして約1分間炒め合わせる。

これが基本のホイコーローの作り方。

夏向けのまとめつくりバージョンでは、肉は豚バラ肉ではなく豚もも肉を使って脂肪分をカットします。

一番の注目はキャベツではなくエリンギを使って水分を少なめにすること。

それによって日持ちのする夏向けのホイコーロー風が出来上がります。

スポンサードリンク

中華ではなくなります

この豚ときのこのホイコーロー風は、みそ味がご飯をすすめる一品になります。

しかし、中華ではないです。豚もも肉を使い、脂肪分をカットしているので結構さっぱり目に。

そしてキャベツではなくエリンギを使っていることで、ホイコーローらしい「ご飯にかけておいしい汁」はなくなります。

それでも料理としては大変おいしいです。

作り方も、材料を切って炒めるだけなので楽と言えば楽です。

しかし本当のご家族が中華が好きなら、やっぱりキャベツがいいなあ、ということになるかもしれません。

作り置きしておくのにはすごくいいです。冷凍ならしばらく持ちます。水分がなく、油が固まらないので冷めてもおいしいです。

あくまで「夏のホイコーロー」として作るのがおすすめです。火を使うのが苦痛ではない季節には、ぜひちゃんとしたホイコーローを作ってあげてください。

まとめ

夏のまとめ作り第3弾の豚ときのこのホイコーロー風。

簡単ですが作り甲斐はあります。市販のホイコーローの元を使うときは、ルーが残らないように材料を多めにすることをお勧めします。

そうすれば、水気のない日持ちするホイコーローを作ることが可能です。


スポンサードリンク

コメントを残す




*