ジビエ料理とは・ジビエ料理っておいしいの?山の幸料理・笑ってコラえて!

ジビエ料理の「ジビエ」とは、フランス語で「狩猟した動物」の意味。

 

ジビエ料理の発祥はフランスで、特に昔は盛んだった。

 

日本でのジビエ料理にはどんなものがあるのか。

 

ジビエ料理のルールとは?

 

まとめてみました。

 

スポンサードリンク



ジビエ料理とは

 

slowhouse_18
ジビエ料理は、フランスが発祥の山で狩猟した動物を食べる料理のこと。

 

昔は猟師が山で狩りをし、獲った動物が流通していたが、今では半分家畜化され、その動物を食べるものをジビエ料理と呼んでいる。

 

日本でも、古くはマタギなどが山で獲物を獲り、それを食べる文化が多かった。

 

現在では、天然の動物を狩猟することはまれである。

 

有害鳥獣を駆除しても、その動物の肉が流通するのはまれである。

 

本格的なジビエ料理を食べられるところは、かなり限られる。

 

ジビエ料理に使われる動物は、マガモ、アヒル、キジ、ライチョウ、野うさぎ、シカ、イノシシ、クマなどである。

 

そのような動物は、狩猟にも技術がいる。

 

狩猟する際、食肉部分を損傷しては、食べられる部分が少なくなり、よくない。

 

どうように、内臓を破裂させるような狩猟では、味が落ち、食用に向かない。

 

狩猟した鳥獣は、すぐに上手く血抜きをしないと、生臭くなる。

 

それは魚と一緒である。

 

フランスのジビエ料理は、鳥獣の肉が中心。

 

日本のものとは少し異なる。

 
スポンサードリンク




 

 

日本のジビエ料理

 

o0480072213220834332
日本でも、古くからシカ肉や、イノシシの肉で「ボタン鍋」をする風習がある。

 

地方ではいまでも、狩猟が盛んな地域がある。

 

日本では、山が多く山菜などの山の幸が多く取れるため、山の料理としてはフランスのジビエ料理というより、山菜などを多く含んだ「山の幸料理」として出されることが多い。

 

今でも、地方では名産として山の幸料理を使っての町おこしなどが行われている。

 

都会に暮らす人間からすると、山の幸がふんだんに使われた料理は、海の幸が多く使われる料理とともに、旅行に人気のひとつである。

 

地方の旅館や料亭では、狩猟した肉とともに山菜やキノコなど、山の幸を売りにしているところも多い。

 

日本は海に囲まれ、山の多い地形から、そうした自然の料理は昔から親しまれてきた。

 

しかし、山で狩猟した動物は、どんな細菌や病気を持っているかわからないので、そのまま生で食べることは基本的にしてはいけない。

 

必ず加熱して食べることから、日本ではなべ料理が盛んである。

 

一方のジビエ料理では、ときに狩猟した肉を生で食べることもあった。

 

しかし、それは本当に危険なので、きちんと家畜化された食べ物に限る方がいい。

 

ときにシカ肉などを生で食べるが、その際も事前の検査は必要だ。

 

そのように、フランスで進んだジビエ料理は日本独特の料理と結びついて新しい料理に移り変わっている。

 

それが日本のジビエ料理の特徴であり、利点でもある。

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*