Johnny & Jessyジョニーアンドジェシー、着せ替え靴で世界を変えろ!ガイアの夜明け

最近低迷している靴業界に新しいタイプの靴が登場した。

「Johnny & Jessy」という、靴のソール部分とアッパー部分を着せ替えできる靴だ。

日本の職人が作った新しい靴のメイドインジャパンについて調べました。

スポンサードリンク



「Johnny & Jessy」

「Johnny & Jessy」は新しいタイプのメイドインジャパンの靴です。

YKKのジッパーで靴の上の部分、アッパー部分と、下のソール部分が取り替えられるようになっているもので、通称「キセカエ」。

普段履きの靴のアッパーに、「今日はこれから通勤だから」とセミフォーマル用のアッパーをつけかえれば靴がフォーマルに大変身、というすごいもの。

サイズ展開を間違えなければ、ひとつのソールでいろんな靴が楽しめますし、ソール部分がすり減ったら新しいのを買えばいいのです。

靴業界は今は中国製や韓国製に押されてかなりの低迷気味。

それに一石を投じようと考え出されたメイドインジャパンがこの「Johnny & Jessy」なのです。

サイズは、欧米を意識したインチ表示。しかし購入前にサイズ合わせの靴を履けるので、それでサイズを計ることができます。

この「Johnny & Jessy」は果たして日本の靴業界を救うのでしょうか。

スポンサードリンク

靴も多様化してきた

たしかに、日本の靴産業が低迷している、と言われれば、そうかもしれない、と思いあたることがあります。

ヒラキのような「靴のディスカウントショップ」ができて、靴は長く履くものから「使い捨てるもの」に変わってきたような気がします。

流行もあるので、毎年洋服のように靴を買い替えるのが当然になっていました。

通販の靴のディスカウントはとにかく安いので、3~4足まとめて買って、「1つくらいダメなのがあってもいいや」くらいの気持ちでした。

しかし、メイドインジャパンのいいところはとにかくものがいいこと。

作りのクオリティが抜群にいいので、物持ちがすごくいいのです。

今回の「Johnny & Jessy」のような長く履けるような靴なら、断然メイドインジャパンを選びます。

多少高くてもいいものを持ちたい、という人は、やっぱり最後にはメイドインジャパンに戻ってくるのではないでしょうか。

まとめ

日本の靴業界が満を持して発表した「Johnny & Jessy」。

今後の普及や広がりがどうなっていくのか、まだわかりません。

しかしメイドインジャパンのよさは間違いないことだと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す




*