開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)・強さの秘訣は母の日本料理?笑ってコラえて!

スピードスケート、オランダ代表の開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手。

 

オランダ人の父と日本人の母を持ち、17歳から23歳の現在まで、徐々に成績を伸ばしている注目選手だ。

 

そんな開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手の強さの秘密は母・美保子さんの日本料理にあった?!

 

そんな開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手についてご紹介します。

 

スポンサードリンク



開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手について

無題

 

オランダ人の父、そして日本人の母をもつ、開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手。

 

17歳のときのジュニア選手権で銅メダル、そしてソチでは銀もとったすごい選手である。

 

兄弟は4人兄弟。姉と、双子の弟がいる。

 

母・美保子さんは、極寒の地のオランダで4人兄弟を育てるパワフルな母親だ。

 

ジュニア選手権のとき、オランダと日本、両方の国籍を持っていた開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手。

 

オランダ代表として出場するが、「日本から出てみたい気持ちもある」と、日本への愛を語っていた。

 

震災のときには、「祖母の家が壊れ、それでも助かった。とてもつらい」と、母・美保子さんの両親である祖母をいたわった。

 

そんな開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手、183センチ、60キロという恵まれた体格で、スケートをする姿は外国人そのもの。

 

日本人の血とオランダ人の血は、ハーフであるその開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手には強い力となっているようだ。

 

 

スポンサードリンク

開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)、力は母の手料理から?

開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手の母、美保子さんは、日常的に開・フェルバイ選手に日本料理を食べさせているようだ。

 

オランダで開かれた、日本の秋田発祥の芋煮会には、開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手も出席し、ネギやイモの入った鍋をみんなで食べたという。

 

母の美保子さんは、オランダで4人の姉弟を育て上げた人。

 

性格は日本人的な要素が強いらしく、開・フェルバイ選手は「普通の選手は、相手にライバル心を燃やす、でも、自分は相手をリスペクトしてしまう」と、自身の日本人的な性格を語っていた。

 

美保子さんの優しさや、日本人的な思いやりの心が、開・フェルバイ選手にも伝わっているのだろう。

 

両親もスポーツをやっていたという開・フェルバイ選手。

 

オランダ代表とはいえ、半分は日本人であり、日本人的なかんがえかたもする。

 

そんな開・フェルバイ(カイ・フェルバイ)選手の今後の活躍が見逃せない。


スポンサードリンク

コメントを残す




*