蟹江一平はどんな人?趣味は自転車平富士ヒルクライムにも挑戦!

ここ最近活躍し始めた、俳優の蟹江一平。

 

意外なところで活躍していることが判明。

 

テレビや映画で活躍している蟹江一平がどんな人物か、調べてみました。

 

スポンサードリンク



 

プロフィール

1976年6月8日38歳

 

出生地 東京都

 

身長 180センチ

 

A型

 

活動時期 2000年から

 

既婚

 

父が蟹江敬三

 

子供のころから父の影響でいじめられてきたという蟹江一平。

 

しかし、父を理解し、俳優活動に。

 

多くの作品に出演し、2世タレントとしても人気が出てきた。

 

映画の収録中に出会った女性スタッフと結婚。

 

趣味は自転車、ロードレース。

 

蟹江一平のヒルクライム

 

自転車ヒルクライムが好きな蟹江一平。

 

平富士ヒルクライムにも挑戦している。

 

同大会には、俳優の鶴見辰吾や元F1レーサー・片山右京、シャ乱Q・まこと、フリーアナウンサー・富永美樹などが参加している。

 

世界遺産富士山の保全活動にも力を入れている同大会は、ヒルクライムの大会としては日本一。

 

毎年たくさんの人が、この大会に向けて準備をし、参加している。

 

スポンサードリンク

父蟹江敬三の影響

 

img23565c801714ps

 

父である蟹江敬三は、基本的に悪役で有名である。

 

その影響で、蟹江一平は小学校のころから、「お前の親父、また人を殺したな」などといういじめにあっていた。

 

蟹江一平は、そんな父の仕事や、父自身にも反発し、問題を起こした時期もあった。

 

それでも、あるとき父とバッティングセンターに行ったとき、父が黙々と球を打つのを見て、「父も辛かったんだ」と気付く、そんな優しい人物である。

 

そして父を許し、東野高校を卒業後、演劇の世界へ。

 

そして現在の俳優としての活躍につながった。

 

父蟹江敬三は女性関係もなにかと噂があったが、蟹江一平は、「剱岳 点の記」の撮影中に知り合い、命をかけた現場でお互いに知り合ったという一般の女性スタッフと結婚し、幸せな家庭を築いている。

 

父蟹江敬三も現在では役柄も幅広く、昔のように「悪役」というイメージは薄くなっている。

 

子供である蟹江一平にも、いろんな役柄が回り、テレビドラマや映画への出演は多数である。

 

最近は、亡き父に代わり、タレント活動も始めたようだ。

 

テレビのゲストとして呼ばれることも多い。

 

趣味の自転車のヒルクライムでも、啓蒙と普及に力を入れ、自身でも富士山の保全に貢献している。

 

まとめ

 

600x337x9_jpg_pagespeed_ic_axebnIQ5dV

 

蟹江一平はつらい幼少期を過ごしながらも、父の仕事を理解し、許せる心の優しい人物である。

 

女性関係も地味で、結婚して幸せな家庭を築いている。

 

自転車は趣味で、平富士のヒルクライムなどに参加している。

 

父の蟹江敬三のように、年齢とともに深い役ができるようになってくるだろう。

 

これからが楽しみな俳優の一人である。

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*