加藤茶、パーキンソン症候群の原因は向精神薬?認知症?

先日、テレビで自身の病気の症状を話した加藤茶。

 

パーキンソン症候群とはどんな病気か?

 

その原因は妻のネグレクト?それとも認知症?

 

まとめてみました。

 

スポンサードリンク



パーキンソン症候群とはどんな病気?

 

image

 

パーキンソン症候群とは、世に言う「パーキンソン病」とは違います。

 

薬や、違う病気によって、パーキンソン病のような症状が現れることを言います。

 

症状としては、手足の震えや、カツゼツの悪さ、半身不随などがあります。

 

その症状がパーキンソン病に似ていることから、パーキンソン症候群と言われます。

 

加藤茶が自分で語ったところによると、「飲んでいた薬が合わなかった」ということ。

 

パーキンソン症候群を引き起こしやすい薬は、頭語失調症のときに処方される向精神薬や、認知症の改善に使われる薬です。

 

そのせいで、ネット上では「加藤茶が妻からネグレクトを受けて精神科へ通っていた」とか、「認知症の発症ではないか」とさまざまな噂が飛び交っています。

 

しかし、統合失調症の薬にもいろいろありますし、同じく精神病のうつや、老人性うつでも似たような薬は処方されます。

 

認知症ではないか、という話もありますが、自分の出演したテレビを見て、「これはやばいな」と客観的に分析できているので、その線は薄いのではないでしょうか。

 

どちらかとういうと、年齢的に出てくる症状を緩和するための薬の一部が、体に合わなかった、ということではないでしょうか。

 

私自身統合失調症の薬を飲んでいますが、新薬のエビリファイが合わず、大変な苦しみを味わったことがあります。

 

特に、そのような精神科系の薬は、合わないと大変な副作用が出ます。

 

加藤茶も、老人性の軽いうつ症状などで病院に行き、飲んだ薬が合わなかった、というのが私の見解です。

 

重病説も流れましたが、夫婦仲もおそらく問題なく、たまたま薬が合わなかったのでしょう。

 

スポンサードリンク




まとめ

 

tBKWWq8mTYAxVyP_15353

 

加藤茶に限らず、現在は高齢者の割合が増えています。

 

軽いうつ症状や、認知症状で病院から薬をもらうことも多いと思います。

 

そのときに、飲んでみて吐き気や頭痛、倦怠感、身体になんらかの症状が出た場合は、すぐに病院に行って相談してください。

 

加藤茶はおそらく、我慢して薬を飲んでいたのだと思います。

 

それが一番良くありません。

 

同じく高齢者の方は、薬を飲むことが多いのですから、自己判断ではなく、ちゃんと医師に確認することが大事です。

 

 

加藤茶のパーキンソン症候群の原因はこちらの記事です。

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*