金ちゃん銀ちゃんは転落事故・チンパンジーを人工飼育亀井一成さん家族・奇跡体験!アンビリバボー

神戸市立王子動物園の亀井一成さんとそのご家族は、人工飼育によって4匹のチンパンジーを育てました。

 

チェリーちゃん、金ちゃん、銀ちゃん、神ちゃんです。

 

金ちゃん、銀ちゃんは双子のオスでしたが、事故でなくなっています。

スポンサードリンク



チェリーちゃんの兄妹、金銀

亀井さんの家にチェリーちゃんが来てから1年ちょっと、チェリーちゃんの兄弟になる新しいチンパンジー、金ちゃんと銀ちゃんが来ます。

 

もう亀井さんの家では息子の寿久くんも育児に協力的になり、チェリーはすっかり家族になっていました。

 

そんな中、やってきたのがチェリーの弟たちの金銀。

 

亀井さんに白羽の矢が立っての動物園からの依頼でした。家族は金ちゃん銀ちゃんもかわいがります。

 

ですが、金ちゃん銀ちゃんは、転落事故で命を落とすことになりました。

 

結局チェリーちゃんの方が長生きしたのですね。

 

チェリーちゃんが来てから10年後、今度はやっぱりチンパンジーの神ちゃんが来ます。

 

神ちゃんは亀井さんの家ではたいへんかわいがられ、本が出版されるほど人気のチンパンジーになりました。

 

亀井さんが動物園を定年退職するまで、この4匹のチンパンジーの面倒を見ました。

 

スポンサードリンク

類人猿の難しさ

動物園の動物の中でも類人猿の飼育は特別に難しいと言います。

 

類人猿ののサルやゴリラ、チンパンジーなどは、飼育員が絶対的に決まっており、その人が休むと2番手、3番手が決まっていると言います。

 

やはり人間に近い分、人を選ぶのですね。

 

この亀井さんの家でのチンパンジーの人工飼育は、当時日本で初の試みであり、飼育が難しいとされた類人猿の赤ちゃんから育てる、という大変なものでした。

 

最初に来たチェリーちゃんが無事に育ったことがまるで奇跡のように感じます。

 

赤ちゃんのころから人間に育てられたチェリーちゃんは、チンパンジーの群れに戻るのが怖くて、亀井さんが群れの中に布団を敷いて慣れさせたと言います。

 

それほどに難しいのですね。

 

亀井さんの一家は、きっと必死だったと思います。預かった命に万が一のことがあってはいけない、そして飼育の歴史のないチンパンジーの赤ちゃん。

 

どれほど考えたのでしょうか。

 

金ちゃんと銀ちゃんの転落事故での死亡は、きっと亀井さん一家には大変つらいものだったでしょう。

 

まとめ

チンパンジーを人工飼育する、という決断をした亀井さん一家は大変すごい人たちだと思います。

 

言うほど簡単なことではありません。

 

こんな飼育員さんには、きっとなかなかなれないでしょうね。

 

こちらの記事も参考にしてください!

 

チェリーを育てた神戸市立王子動物園亀井一成さんとその家族・奇跡体験!アンビリバボー

 

トムラウシ山遭難・夏山最大の事故、低体温症の生死を分けたものは・奇跡体験!アンビリバボー

 

愛犬オリーを襲った「ダニまひ症」全身がマヒしてしまう奇病とは・奇跡体験!アンビリバボー

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*