小林尊こばやしたける、「ツナミ」と呼ばれるギネスフードファイター・所さんのニッポンの出番!

小林尊さんは日本を代表するフードファイター。アメリカを中心にあらゆる場所の「大食い」にチャレンジし、ギネス記録も持っています。

そんな小林尊さんはいったいどんな人なのか、調べてみました。

スポンサードリンク



フードファイター・ザ・ツナミ

小林尊さんは1978年3月15日生まれ、長野県長野市の出身で、長野県長野商業高等学校卒業後、、四日市大学経済学部を卒業しています。

体重はなんと58キロ。軽い!フードファイターなのに体重軽い!

現在はアメリカ、ニューヨークに住んでいる実業家です。

アメリカでは、日本よりも「大食いチャンピオン」の称号は有名。ひとつのアングラスポーツのように考えられています。

そんなアメリカのあらゆる大食い大会で怒涛のように優勝する小林尊さんは「プリンス」とか「貴公子」とか呼ばれた挙句、しまいには「ザ・ツナミ(津波)」とか呼ばれる日本を代表する大食いファイターになりました。

あらゆる種目でギネス記録を持っており、多くのフードファイターがそうであるように、痩せています。

プロレスラーとか、お相撲さんとかの大食いとは違うんですね。やはり独特の何かがあるのかもしれません。

今回は番組で台湾の無敗のフードファイターと戦います。ギネス記録保持者として勝利できるか、目が離せないですね。

結婚一時期問題を起こして警察のご厄介になってますが、その時に結婚していることが判明しました。

もう問題ないようですね。フードファイターとして頑張ってほしいです。

スポンサードリンク

小林尊さんは大食いの先駆け

小林尊さんはアメリカを中心に行われていたフードファイトをスポーツに昇華させた存在として有名です。

ただの遊びだったフードファイトを、ギネス記録が残るようなスポーツに変えたのが小林尊さんだと言われるくらい、ものすごい大食いだったのです。

小林尊さんももう38歳。そろそろ大食いが辛くなってくるころではないかと思うのですが、今回の対決はいったいどうなるのでしょうか。

アメリカで実業家としても成功している小林尊さん。逮捕の報道には驚きましたが、今回は無事にテレビに帰ってきました。

元々は日本の大食い選手権に出ていたのですが、専属契約を求められたため、断って世界にフードファイトを知らしめるために出て行った、というようなパイオニア的な人です。

それにしても、やせていますよね? 普段のご飯はどうなんでしょう? やっぱりいっぱい食べるんでしょうか?

私生活はあまり明らかになっていませんが、すごく気になるのは私だけでしょうか。

まとめ

いろいろあってテレビに帰ってきたフードファイター・小林尊。

今後もフードファイターとして出来るだけ長く、たくさんの記録を立ててほしいと思います。

それにしたって、なんで太らないんでしょうか?うらやましすぎです。


スポンサードリンク

コメントを残す




*