「佳子(内親王)を慰安婦にしよう! 日本は東京五輪までに消滅する」韓国ネット新聞が世論を動かすか

韓国のあるネット新聞が、とんでもない記事を公開した。

 

そのそこにある、日韓関係とその原因を考えてみた。

 

この問題は、日本の世論を動かすのか?

 

スポンサードリンク



 

日本と韓国、根本的な違い

 

n1143509740

 

今回のネット新聞での記事は、「佳子(内親王)を慰安婦にしよう! 日本は東京五輪までに消滅する」というものだった。

 

韓国サイドからすれば、「日本は自分たちが従軍慰安婦を作った問題を反省していない。だから同じことを佳子(内親王)にすれば反省するのでは?」という意味合いだろう。

 

しかし、日本から見たらそれはとんでもない日本国民への冒涜である。

 

天皇ご一家は、日本の「象徴」であり、連綿と続いた皇室の歴史を完全に冒とくしている。

 

王室、皇室文化を持たない韓国からすれば、「目には目を」と言うつもりで言っているのだろうが、実際に日本人がそれで「韓国の望む反省をする」と考えているところがそもそもおかしい。

 

先の戦争で、たしかに日本は「非道」なことをしただろう。

 

たくさんの人が死に、たくさんの人が苦しい思いをした。

 

では、だからといって、日本人は、日本に原爆を落としたアメリカを恨んでいるか?

 

「アメリカにも原爆を落とすべきだ」というだろうか?

 

そこが国民性の違いなのだ。

 

韓国では、「恨」という精神を大事にする。

 

それは、自分を確立するために、なにかを恨むことが必要であるという考え方だ。

 

その「恨」を乗り越えて、人は初めて自分を獲得する、という考えが根強い。

 

そういう意味で、韓国は「恨む相手」が必要な国民性だともいえる。

 

そして、自国民の愛国心にそれが根付いたときに、このような大変不愉快な報道がされたりする。

 

韓国の歴史から見れば、日本なんかは「弟」のようなもので、その「弟」に兄の立場の自分たちがひどいことをされた、だから謝れ、としつこく言ってくる。

 

それが韓国の国民感情だ。

 

それならば、日本にだって国民感情はあるだろう。

 

このようなまさに日本人のすべてを裏切るような報道が、一個人ではなく、公の場に発表されることがどれだけおかしいか、わかっていないなら、日本人から見た韓国人は理解不能である。

 
スポンサードリンク



 

 

根強い「国民感情」

 

yun_4879
私の友人に、在日韓国人の2世がいる。

 

そのことを打ち明けられたのは、出会ってからだいぶ経ってからだった。

 

本人が、「たまに、それを言うだけで、離れていく人がいる。日本人は韓国人を嫌っている」と話していた。

 

私にとって友人は友人であり、韓国人だろうが中国人だろうが変わらない。

 

今回の報道も、それが「すべての韓国人の意見」ではないことはわかっておかなくてはならない。

 

それにしても、今回の一件は、国際問題になりかねない酷いものだ。

 

そのような記事を書いた記者は、イギリスと問題があったら、「王女を慰安婦にすべき」と言うのだろうか?

 

そのとき、イギリスの人間が、韓国に敵意を持ってもいいというのか。

 

それと同じことである。

 

戦後70年が経って、いろんなことが節目に来た時、日本は前を向き、韓国は後ろを向いている。

 

それでは、和解どころか同じ視点で話もできない。

 

今回の一件は、さすがにやりすぎだろう。

 

今後の展開が気になるところだ。

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*