京都はとにかく夏が暑い!冬が寒い!意外な気候の原因とは・秘密のケンミンSHOW

ニュースでは、夏になると「どこどこで37度になりました」なんていう放送がよく流れていますよね。

そんな中、地味に夏に高い気温をコンスタントに獲得している京都市をご存知でしょうか?

日本一、として放送されることは稀ですが、「こちらが全国の暑かった都市です」という表には大体登場する京都。

そんな京都について調べました。

スポンサードリンク



盆地はとにかく暑くて寒い

京都の地形は、京都の四季の季節を強調するかのように大変に不憫な作りです。

周囲を狭い山で囲まれた盆地、とう地形が、夏の暑さに冬の寒さを産みます。

夏は周囲の山が壁になり、風が通らず内地の気温が上昇します。

夏の京都には何度も行きましたが、もう人知を超えて暑いです。

東京や埼玉でも暑い地域はありますが、京都の暑さはもう別物。

全く風のない中溜まった暑い空気。もう呼吸したくなくなります。

同様に、冬も京都は大変寒いです。周囲の山に囲まれた京都はくぼんだ盆地になっているので、冷気が盆地の底に溜まります。

それゆえ、大変寒いのです。

夏は暑く、冬は寒い。ある種最悪の気候ですが、そんな京都だから、桜がきれいに咲き、四季の移り変わりを肌で感じることができます。

京都の中では南北に伸びた地形から北と南で温度差、そして天気の変化が大きいことが有名です。

通り1本違うだけで気温が違う、と言われるほどです。

スポンサードリンク

京都の盆地は恐怖

私は京都が好きでよく行くのですが、いつも安く旅行したいのでシーズンオフに行くことが多いのですね。

夏のど真ん中とか、冬の真っただ中とか。

夏にはもううだるほど暑いし、冬には神社の床が足が凍るほど底冷えします。

「観光で行くなら春か秋にしなよ!」と周囲の人にはよく言われるのですが、京都はそうした天候、気候の問題があるので、夏と冬は格安航空券で行けるのですよ。

京都がほんとに好きなら、真冬の三三間堂だって耐えられるはずです!

私はひたすら回数を行きたかったので、常にシーズンオフです。なので、京都の過酷な季節はちょっとだけ知っているつもりです。

こんな中で生活していたら大変だろうなあ、と思いながら、みやびな大通りを歩いたりしています。

そんな京都だからこそ、春の桜や秋の紅葉がきれいなのかもしれません。

まとめ

もはや恐怖の盆地の京都。知っている人はその過酷な気候には慣れっこかもしれません。

京都に住んだらいいだろうなあ、っていう人は、一度真夏と真冬に旅行に行っていましょう。

それでもみやびや京都の人はすごい!って本気で思いますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す




*