間下このみましたこのみ、天才子役は難病を乗り越えて母になった・爆報!THEフライデー

昔に一世を風靡した天才子役、間下このみさん。

現在は一時の母ですが、そこに至るまでには苦しい病気との戦いがあったようです。

間下このみさんについて調べました。

スポンサードリンク



数万人に1人の難病

子役としてテレビに引っ張りだこだった間下このみさん。

いつの間にか見なくなっていましたね。

間下このみさんは私立共栄学園を卒業し、東京ビジュアルアーツ 写真学科へ。海外留学もして、写真集発売するまでの写真家に。

しかしその後、結婚してから間下このみさんを悲劇が襲います。

妊娠して、わずか23周で流産。

そのときには原因がわからなかったようですが、次の妊娠で間下このみさんが「抗リン脂質抗体症候群」という病気だったことがわかります。

「抗リン脂質抗体症候群」についてはこちら

間下このみの抗リン脂質抗体症候群をめちゃわかりやすく説明・爆報!THEフライデー

その後に発症する「全身性エリテマトーデス」という病気のせいだったのですが、この「抗リン脂質抗体症候群」では同じ病気で流産した芸能人もいたそうです。

「全身性エリテマトーデス」についてはこちら

間下このみの全身性エリテマトーデスをめちゃわかりやすく説明・爆報!THEフライデー

間下このみさんは病気と闘い、なんとか女の子を出産します。

その体験は本になって出版され、ドラマ化もされました。

間下このみさんは自身のこの病気の体験を広めていこうと、いろんな芸能活動を通じていろんな人にメッセージを送っています。

特定疾患という難病を乗り越えた間下このみさんを支えたのは、旦那さんでした。

痛みに苦しむ間下このみさんを支え、一緒に闘病しました。

間下このみさんは、この病気の辛さや自覚症状を広めるために活動しています。

スポンサードリンク

逃れらない自己免疫不全病

間下このみさんがかかった「全身性エリテマトーデス」も「抗リン脂質抗体症候群」も、いわゆる免疫不全症という種類の病気です。広くは膠原病とも呼ばれます。

詳しくはそれぞれの記事でわかりやすく説明していますが、「抗リン脂質抗体症候群」を発症すると特に妊娠に関して問題が出てきます。

特定疾患で難病で、と言われても、多くの人がピンとこないと思いますので、詳しいことは記事を読んでください。

特定疾患は特別なものではありません。アレルギーだって特定疾患です。

そしてアレルギーも原因が不明で、治療も難しく、完治しません。

この間下このみさんがなった「抗リン脂質抗体症候群」も「全身性エリテマトーデス」も、けっして人ごとの病気ではない、ということです。

おそらく、間下このみさんはもともとアレルギーの強い体質だったのではないでしょうか。

アレルギーを持っている私も定期的に膠原病の検査はします。

アレルギーも様々です。自分がアレルギー体質だ、と知らないで「全身性エリテマトーデス」などを発症することはままあります。

この機会にしっかり勉強してください。

まとめ

「全身性エリテマトーデス」と「抗リン脂質抗体症候群」に罹患しながらなんとかお子さんを出産した間下このみさん。

そのご苦労は想像を超えたものだと思います。

「抗リン脂質抗体症候群」と、「全身性エリテマトーデス」についてはこちらを参考にしてください。

間下このみの抗リン脂質抗体症候群をめちゃわかりやすく説明・爆報!THEフライデー

間下このみの全身性エリテマトーデスをめちゃわかりやすく説明・爆報!THEフライデー

ぜひ理解を深め、自分の周りで病気になった人を支えてあげてください。


スポンサードリンク

コメントを残す




*