中条あやみ・なかじょうあやみ・ストレンジャー・真里亜役・原作「ポーの一族」とは?

今回、ドラマスペシャル「ストレンジャー・バケモノが事件を暴く」にてヒロインの真里亜役に抜擢された中条あやみ(なかじょうあやみ)。

 

CMなどでその美貌が有名であるが、本格的なドラマはこれが初めて。

 

吸血鬼という難しい役をどのようにこなすのか?

 

スポンサードリンク



中条あやみ(なかじょうあやみ)プロフィール

名前:中条あやみ(なかじょうあやみ)

 

愛称:あやみん、ポーちゃん、ポーリン

 

生年月日:1997年2月4日

 

出身:大阪府

 

血液型:O型

 

身長:169 cm

 

靴のサイズ:24.5 cm

 

素晴らしいスタイルとルックスで「とにかくかわいい!」と言われている中条あやみ(なかじょうあやみ)。

 

実はクォーター。それでも黒髪が大変美しい女優さん。

 

身長が高く、元々はセブンティーンの専属モデル。

 

ガールズコレクションにも登場し、最近女優活動を始めた。

 

中学、高校は公開されていないので憶測でしかないが通常の高校のよう。大学には進学していないようだ。

 

とにかくスタイルが良く、9頭身ともいわれている。さすがですね。

 

今回、ドラマスペシャル「ストレンジャー・バケモノが事件を暴く・」でヒロイン役として大抜擢。

 

漫画の設定をベースにした難しい役だが、これで女優としての実力が問われることになる。

 

吸血鬼の真里亜役としての挑戦だが、果たしてどんな演技を見せてくれるのか?

 

スポンサードリンク

萩尾望都「ポーの一族」とは

 

今回中条あやみ(なかじょうあやみ)が演じる真里亜という吸血鬼、「たかだか100年しか生きていないのに命令しないで」というセリフからして、原作のエドガーにあたる役だと思われる。

 

原作「ポーの一族」の中ではエドガーとアランという2人の少年が吸血鬼として登場する。

 

エドガーは一族の中でも珍しく14,5歳という成長過程で吸血鬼になった存在。それゆえ、不老不死なので同じ都市に長くいることができない。

 

そんなエドガーが一緒に生活していた妹と、義理の両親が人間に寄って殺され、残されたエドガーはアランを仲間にし、長い旅に出る。

 

ポーの一族は人間のエナジーやバラから栄養をとる生き物。

 

萩尾望都の原作では実際に血を吸ったりはしない。

 

そのあたりは原作からかなりかえられている様子。

 

エドガーの役にあたる真里亜は長い時代を生きてきた吸血鬼。

 

その重厚な精神性や態度など、大変に難しい役であることは間違いない。

 

中条あやみ(なかじょうあやみ)がどう演じるか、ぜひ確かめてみたい。

 

まとめ

吸血鬼、真里亜役として抜擢された中条あやみ(なかじょうあやみ)。

 

ファンの多い萩尾望都の原作ドラマとあって役どころは難しい。

 

ここで脱皮ができるかどうか。それを見守りたい。


スポンサードリンク

コメントを残す




*