日本犬は飼い主にとにかく忠実、映画ハチも人気の火付け役に・天才!志村どうぶつ園

日本犬が今世界で注目されています。日本の固有種の日本犬、柴犬や秋田犬です。

 

プーチン大統領にも送られた日本犬。映画「ハチ」も人気の火付け役になりました。

 

そんな日本犬についてご紹介します。

スポンサードリンク



武士道を貫く日本犬が大人気

今や世界的に人気になった日本犬。特に柴犬と秋田犬が人気なようです。

 

一番はその性格。映画「ハチ」でも描かれたように、なんといっても飼い主に忠実。

 

一度懐いた人の言うことはちゃんと聞き、サムライのように従います。

 

そんな性格が一層人気を呼んでいるのだとか。

 

しつけもしっかり覚え、それでいてシャンプーはさほど必要ではありません。ダブルコートで寒さに強いのも人気のひとつ。

 

番犬としても優秀で、知らない人、懐いていない人には凶暴な一面も見せます。それはもともと日本犬が猟犬であったから。その名残が強く残っているのです。

 

日本犬の中でも柴犬は、一度絶滅の危機に合い、やっと回復したところ。他の秋田犬、紀州犬、甲斐犬などに地名がついているのに柴犬についていないのは、柴犬は四国と島根の柴犬をミックスしたからだそう。

 

日本犬の特徴はピンとたった耳とくるっとした尻尾。そのせいで今までは諸外国では「お尻の穴が見える」ということで嫌厭されてきたのだそう。

 

たとえ柴犬でも、秋田犬でも、外国で生活しているとすごく人に懐くようになるのだとか。それを危惧して日本犬の世界的な広がりを懸念する人もいるのだそうです。

 

スポンサードリンク

身近な柴犬

日本人にとって柴犬はすごく身近ですよね。

 

「お前んち犬飼ってるんだって?」「うん、うちのは柴」なんて言う会話をよく聞きますよね。へえ、シバなんだ、かわいいよね、なんていう会話も。

 

柴犬は大変頭がよく、しつけもしっかり覚えます。洋犬に比べると難しく感じるようですが、実際はさほど難しくありません。

 

うちの近所にも柴犬が2匹。ご近所さんが飼っています。

 

ご近所さんいわく、「うちのは気性が荒くて」という柴ちゃんは、私を見るとすぐに唸ります。怒って威嚇してきます。私のなにが気に食わないんでしょうか。

 

もう1匹の方は、怒らないですが、触らせたりはしてくれません。「てめえなんかしらん」って感じで飼い主さん一筋です。

 

そういうの見ていると「柴犬飼いたい!」って思いますよね。

 

日本では「豆しば」とか「黒シバ」とか、いろんな柴犬の話をよく聞きます。

 

私は猫派ですが、犬を飼うなら柴がいいですね。

 

まとめ

日本人にはなじみの深い柴犬。昔飼っている犬、と言ったら、柴犬でした。洋犬が流行ってきたのはここ30年くらいではないでしょうか。

 

ご主人様に忠実で、賢く、番犬にぴったりな日本犬。これからも世界に羽ばたいてほしいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す




*