オキシトシン、セロトニンを分泌させる幸せホルモンの役割・世界は奇跡で出来ている

セロトニンが足りないんだ、とよく私は言います。セロトニン、というなにがか人の心を静かにしたり、癒したり、幸せにすることはだいぶ前から言われていました。

しかし、そのセロトニンを分泌する働きのあるオキシトシンというホルモンが、女性だけでなく男性も、子どもにもあることが最近の研究でわかってきました。

ギスギスしがちな人は、ぜひオキシトシンを分泌してセロトニンを出してください。

スポンサードリンク



オキシトシンが幸せホルモンを

オキシトシン、というと、今まではずっと「女性だけが持っている特殊なホルモン」という考え方が一般的でした。

オキシトシンは女性が出産のときに点滴したり、母乳を出すきっかけとなるホルモンとして有名だったからです。

しかし最近の研究で、オキシトシンというホルモンが、男性や老人にもあり、このオキシトシンで癒されたり、安心したり、幸せを感じたり、あるいは認知症の治療にも役立つことがわかってきました。

オキシトシンというホルモンが分泌されると、それが脳のセロトニン神経を伝わって、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されます。

オキシトシンは確実に人を幸せにするホルモンだとわかったのです。

これまでも言われてきましたが、セロトニンを分泌させるには、「リズム運動」「日光に当たる」「人と触れ合う」ことが大事だと言われてきました。

気持ちのいい天気の下を歩くだけでも、セロトニンが分泌されるのです。

それよりも効果の高いのが、人と触れ合うことです。

背中にアイロンをかけるように、お互いの背中を撫でるだけでオキシトシンが分泌され、セロトニンがでます。

それは女性だけではなく、男性も、老人も同じなのだそうです。

オキシトシンを分泌させることで認知症の患者さんが劇的に良くなったこともあるそうです。

スポンサードリンク

セロトニンの元、オキシトシン

私は日常的にセロトニンを分泌させるために、けっこう気を使っていました。

ちょっとでいいから歩く。朝起きたらまず日を浴びる。ラジオ体操などのリズム運動をする。

甘いものを食べるだけでもセロトニンがでるそうですから、落ち込んだときには甘いものをちょっと食べたりしていました。

しかし、そんなセロトニン神経を頑張って刺激しなくてもセロトニンが出る!と聞いて正直すごく驚いています。

それがオキシトシンというホルモン。今までは医学的な観点からしか利用されないホルモンでした。

そのオキシトシンは、マッサージ師さんにマッサージしてもらうだけで出る、なんとうこと!マッサージにいかなくては!

一人でオキシトシンを分泌させるには、セルフマッサージや、抱き枕もいいそうです。これならできそうですよね。

早速抱き枕を探しに行こうと思っています。

昔から、怪我や具合の悪い人に、日本人は「手当て」、文字通り患部を触って痛みを分かち合うことをしてきました。それがオキシトシンを分泌させることだったのです。

すごい発見です。今後の研究に期待します。

まとめ

セロトニン分泌に心血を注いできた私の価値観をも変えるオキシトシンというホルモン。

そのうち、セロトニンを分泌させるためのオキシトシンを分泌させるためのホルモン、も見つかるかもしれませんね。

とにかく、抱き枕を買ってきたいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す




*