森昌子が行く青森県今別町、「おたてまたな?」の意味はなに?1億人の大質問!?笑ってコラえて!

所さんのところに(シャレじゃなくて)歌手で女優の森昌子さんから手紙が来たそうです。

そしてダーツの旅で青森県今別町に行くことになったそうです。

津軽弁の謎の言葉、「おたてまたな?」とはいったい何でしょうか?

スポンサードリンク



おたてまたな?

森昌子さんはもうすごく有名な歌手で女優さんですよね。

簡単な来歴を書くと、中学生のころ、母親が昌子さんの激しい人見知りを心配して「スター誕生」に応募。なんとか歌わせると、昌子さんはグランプリを獲得。

その後、両親にお金を稼いであげたい、ということで昌子さんは芸能活動をホリプロで開始。「花の中三トリオ」と呼ばれました。

その後、森進一さんと結婚し、一旦芸能活動からは離れますが、離婚してから復帰。現在は歌手として主に活動しています。

若い世代からみたら「ああ、このおばあちゃん知っている」って感じだと思いますが、いやいやもう。すごい人ですから。

今回のダーツの旅は青森県今別町。普通の田舎ですが、森さんにとっては自分の演歌の故郷のような場所のようです。ものすごく頑張ってくれるそうです。

青森の津軽弁で、「おたてまたな?」について調べました。

「おたてまた」が「疲れた」とかいう意味なので、「おたてまたな?」は「疲れたかい?」くらいの意味でありそうです。

「気を付けて」みたいな意味もあるそうなので、森さんに「クマに気を付けて」という意味で「おたてまたな?」と言われるのかもしれません。

スポンサードリンク



森さんの人生

一昔前は女性の芸能人は「結婚退社」ならぬ「結婚引退」が普通でしたよね。

カリスマ主婦モデルとかがいる現代の子は知らないでしょうが、昔には女性の芸能人は「結婚したらやっぱり引退」という流れがあったのですよ。

今回出演する森さんもそう。3人のお子さんを育てて、森進一さんと結婚していました。

離婚し、養育費などもろもろのことが落ち着いてからの復活となりました。

森昌子さんの復帰を祝う人はたくさんいたようです。お祝いのパーティが開かれたとか。

演歌歌手としても1時代を築いた人ですから、同じ歌手仲間はうれしかったでしょうね。

そんないろいろの人生を歩んでいる森さんだから、「おたてまたな?」なのかもしれません。

「疲れてない?」「気をつけてね」「がんばって」

そんな村民の声があったのかもしれません。

現在では、芸能人は結婚すれば主婦タレント、子どもを産めばママタレント。それも人が飽和してます。

もうちょっと潔くていいんじゃないかなあ、という気もしますけどね。

まとめ

今回の笑ってこらえてで森昌子さんが行くダーツの旅、青森県今別町。

「おたてまたな?」の真実が明らかになります!

いったいどんなものなのか、近くに津軽弁しゃべる人がいたら聞いてみてください。

巫女さんから演歌歌手に!幸せを呼ぶ歌を歌う歌手はこちら!

羽山みずきはやまみずき、巫女から演歌歌手に、どんな人?THEカラオケ★バトル

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*