リンカーン・ホール・エベレストで置き去りになった登山家の運命・世界まる見え!テレビ特捜部

オーストラリアの有名な登山家、リンカーン・ホールさん。

 

エベレストに登頂し、さて下山しようと思ったら高山病で意識を失い、同行していたシェルパが死んだと勘違いして装備を全部持ち去ってしまった!

 

そんな過酷な出来事があったリンカーン・ホールさんについて調べました。

スポンサードリンク



リンカーン・ホールさんの受難

2006年、オーストラリアの有名な登山家のリンカーン・ホールさん、50歳がエベレストへの登頂に成功しました。

 

家族などにラジオでそれを伝えて下山を始めてすぐ、リンカーン・ホールさんは高山病で突然意識を失います。

 

てっきりリンカーン・ホールさんが死んだ、と思った同行していたシェルパの2人は、登山隊のリーダーの指示でリンカーン・ホールさんの荷物を全部持って下山しました。

 

ところがリンカーン・ホールさんは生きていました。目を覚ますと、エベレストの頂上の少し下の8500メートル付近で装備も防寒具もないまま、放置されていたのです。

 

そんなリンカーン・ホールさんを救ったのは、同じオーストラリアの登山家のダンカン・チェッセルさんでした。

 

ダンカン・チェッセルさんはリンカーン・ホールさんの生存をネットで伝えました。その後、ロシアの登山隊が酸素や防寒具を持って救い出し、7000メートル地点のベースキャンプまで一緒に降りました。

 

その後、リンカーン・ホールさんはネパールのカトマンズで妻のバーバラさんと再会。状態はよくありませんでしたが一命を取り留めました。

 

リンカーン・ホールさんは凍傷と脳浮腫がありましたが、適切な治療で回復しました。

 

スポンサードリンク

考えさせられる登山家の行動

まず考えさせられるのは、リンカーン・ホールさんと同行していたシェルパの2人です。

 

突然倒れたとはいえ、生きていたなら呼吸があったはず。なぜ死亡したと簡単に思いこんだのでしょう?

 

最近でも英国人登山家が遭難した際、たくさんの登山家たちがそれを見ていたにもかかわらず、誰も助けようとはしなかったそうです。

 

今、登山家のモラルが問題になっています。

 

私も山に上りますが、日本の山では助け合いの精神が大変強いです。誰かが道端にいたら、まず声をかけ、救助をするのが普通です。

 

自分が山にいるときに知らない人と出会ったら、「こんにちは」と一声かけるのが常識です。

 

山の中ではそうしたコミュニケーションで相手の状態を知るのが普通です。

 

エベレストのような、登頂の難しい山では、他人の救助より自分の登頂が優先されるのかもしれません。

 

それでも、人命救助にまさる優先事項はありません。登山家の方たちには考えてほしいですね。

 

まとめ

エベレスト登頂でとんでもない目に合ったリンカーン・ホールさん。

 

とにかく、親切な人が救助してくれて幸いでした。

 

登山シーズンの今、登山家の方にはもう一度、山に上る意味を考えてほしいですね。

 

世界まる見えのバックナンバー!

 

ラーテル・ギネスに乗った不死身の珍獣・蘇りの技とは?・世界まる見え!テレビ特捜部

 

ウィリアム・オブ・グロスター王子・一般女性との禁断の純愛の結末・世界まる見え!テレビ特捜部

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*