リステリア症・猫から感染する危険がお子さんにも・ザ!世界仰天ニュース

赤ちゃんに寄り添う猫。見ているだけでうっとりしてしまうすてきな光景。

 

しかし、そんなかわいい猫には赤ちゃんに重大な感染症を起こす危険が。

 

そんな危険について調べました。

スポンサードリンク



猫が保有する菌が赤ちゃんを襲う

子どもと動物は見ていて大変癒される存在ですよね。

 

仲睦まじい姿はつい写真を撮りたくなる魅力があります。

 

しかし、動物から人への感染症には常に気を付けなくてはなりません。

 

それは、猫も同じ。

 

猫のほとんどが持っている、リステリア菌、とう菌が、生まれたばかりの赤ちゃんに重篤な病気をもたらすことがあります。

 

リステリア菌はいろんな動物がもっている細菌です。細菌を持っている猫本人には何の問題もありません。

 

ただ、そのリステリア菌が、からだの弱った人や乳幼児、あるいは高齢者に感染すると、強い症状を起こすことがあるのです。

 

このリステリア菌によるリステリア症は75%が小さいお子さん。

 

猫からのリステリア菌の感染を防ぐ方法を考えることが必要です。

 

スポンサードリンク

後遺症も残る、リステリア症の感染

乳幼児がリステリア菌に感染すると、ます消化器系の症状が出ます。

 

吐き気や消化不良、頭痛、腹痛といった症状です。

 

そのまま治ればいいのですが、急激に悪化し、リステリア菌が神経系統に入りこむと、赤ちゃんのような免疫が不十分な人には細菌性髄膜炎を引き起こすことがあります。

 

髄膜炎は進行すると脳症、脳炎になり、意識の混濁や脳障害の後遺症を起こすこともあります。

 

大変危険な症状です。

 

特にリステリア菌は赤ちゃんに髄膜炎を起こしやすい細菌です。それを、猫が持っているのです。

 

リステリア菌は特に猫の腸に生息する菌。猫の排せつ物などに含まれています。

 

おうちに赤ちゃんと猫ちゃんがいる場合には、猫のトイレに赤ちゃんが触らないようにしっかり隔離しておくことが重要です。

 

赤ちゃんを猫のトイレスペースに近づけない。猫のトイレを赤ちゃんの手に届かないところに置く。

 

それだけでも、怖いリステリア菌の髄膜炎を回避することが可能です。

 

まとめ

我が家の大事な赤ちゃん。そして、その赤ちゃんをかわいがってくれる家の猫。

 

猫は赤ちゃんを自分の子どものように大事にします。

 

そんな見ていて幸せな気分になる光景には実は危険が。

 

猫を飼っている人は気をつけてくださいね。


スポンサードリンク

コメントを残す




*