地サイダー・ご当地サイダーはいったいどんなもの?マツコの知らない世界

最近人気なのが、地サイダー。地ビールや地酒、と同じように、日本各地のそれぞれの地元で作られるサイダーのことです。

 

東北でその人気が高く、いろいろな素材を使ってサイダーが作られています。

 

ここでは、主に関東の地サイダーについて見ていきます。

スポンサードリンク



地サイダーとは

地サイダーとは、ご当地サイダーとも呼ばれる、地域の特産品です。

 

日本各地で作られる地ビールや地酒のように、その土地のものを使ったり、古い文化を引き継いで作られているサイダーのことを言います。

 

流通の仕方も様々で、全国に向けて流通しているものから、その土地の人間の間で親しまれているも飲までたくさんあります。

 

日本全国の地サイダーを並べるとかなりの数になります。

 

ラムネのような瓶に詰められることが多く、瓶の回収のためどうしても県外に出せない、という場合もあるようです。

 

関東では、一番有名なのが「鎌倉サイダー」ではないでしょうか。

 

一度はきっと聞いたことがあると思います。

 

意外なところでは「トーキョーサイダー オリジナルバージョン」「横浜サイダープレミアムクリア」「シブヤコーラ」なんていうのもあります。

 

スポンサードリンク

地サイダーの魅力

今回、いろいろ調べて初めて「地サイダー」というものの存在を知りました。

 

缶のジュースなどは、大手のメーカーなどが「ご当地もの」を出していることはありますよね。

 

旅行のお土産に喜ばれるものです。

 

そんな風に、もし地サイダーを買ってかえれれば、きっとみんなに喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

私は関東の近場に旅行することが多いのですが、これから出かけるときはその場所の地サイダーを調べて、しっかり飲んで帰ってきたいと思いました。

 

地サイダーをめぐる旅行、なんていうのもいいのではないでしょうか。

 

お酒は無理な人もいますが、地サイダーならアルコールも入ってないので安心ですよね。

 

なんとも奥が深い、地サイダーの世界。

 

これからアンテナショップを回って試しに探してみようと思います。

 

まとめ

地酒、地ビールが苦手な人でも味わえるご当地の味、地サイダー。

 

地サイダーを巡って旅行、なんていうのもすてきではないでしょうか。

 

地方にある変わった地サイダーをぜひ持ち帰って飲んでみたいものですね。


スポンサードリンク

コメントを残す




*