坂本達(さかもとたつ)・有給休暇を4年3か月自転車で世界一周・1億人の大質問!?笑ってコラえて!

異色の経歴を持つ、坂本達(さかもとたつ)さん。
なんと有給休暇を4年3カ月もらい、自転車で世界一周した人物だ。

 

本も出版しており、現在は会社に復職して、講演活動やさまざまな支援活動をしている。

 

そんな坂本達さんについて調べた。

 

スポンサードリンク



坂本達(さかもとたつ)さんってどんな人?

 

int14_pro_s
坂本達さんは、早稲田大学卒業後、ミキハウスに就職。

 

それから自分探しの旅に出た人です。

 

自分探し・・・っていうと、なんとなく学生のうちにして、自分の得意なことや苦手なことを知って、それから就職・・・という感じですが、坂本さんは違いました。

 

ミキハウスには、「自分のやりたいことがしたい」という気持ちで入社したそう。

 

それから「本当にしたいこと」を考えたとき、坂本さんが思いついたのは、なぜか自転車で世界一周することでした。

 

そして毎日のように、1年以上も社長に手紙を書いたそう。

 

それでも返事は来ない。

 

それでも坂本さんは手紙を書き続け、「もう辞める決意」で書いたところ、ミキハウスの社長が「好きなようにしろ、給料は出してやる」という男前の返事をくれたそう。

 

そして坂本さんは、自転車で旅に出ます。

 

世界各地を自転車で回り、いろいろな国を見てきたのです。

 

そんな坂本さんだから、帰ってきて会社に復職し、今は「恩返し」のために一生懸命働いているそう。

 

そんな中で、自分にできることを、と、様々な取り組みをしています。

 

それを見ていきましょう。

 
スポンサードリンク

 

坂本達(さかもとたつ)さんだからできる取り組み

 

51XMT22GWEL__SY344_BO1,204,203,200_
坂本さんは帰国して、「やった。」という本を書きました。

 

それは高校の教科書にも載るほど。

 

その本の印税で、貧しいギニアなどの国で、井戸を掘る活動などを始めました。

 

そして、次には「ほった。」という本を発売。

 

ギニアでの井戸掘りの体験談を本にして、その印税で、今度はブータンの子供たちのために学校を作る計画を立て、実行しています。

 

そのほか、各地での講演活動や、早稲田大学の客員教授としての活動も盛んです。

 

坂本さんのインテリジェントアレー撰壇塾(いんてりじぇんとあれーせんたんじゅく)では、日本の知的財産を都心部に集中させる構想を持って、若者の教育の場としています。

 

坂本さんの思想は広い人脈とともに広がっています。

 

自転車で世界1周、という、社会人になってからの自分探しで、坂本さんは自分のすべきことを見つけたようです。

 

1億人の大質問!?笑ってコラえて!では、そんな坂本さんを表彰しに行きます。

 

いったいどんなリアクションをとるのでしょうか?

 

今から楽しみですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す




*