早乙女太一(さおとめたいち)・結婚、DVを経て今の姿を知る・笑ってコラえて!

早乙女太一(さおとめたいち)、劇団朱雀の2代目。初舞台は4歳。

 

そんな生粋の俳優であり、一時期は「流し目王子」とよばれていた。

 

そんな彼が、結婚、そしてDVを経て、今何を語るのか。

 

そんな早乙女太一(さおとめたいち)について調べてみました。

 

スポンサードリンク



早乙女太一(さおとめたいち)プロフィール

imagesQ8XLN696

 

本名 西村 太一(にしむら たいち)

 

生年月日 1991年9月24日

 

出生地 福岡県北九州市

 

血液型 B型

 

職業 俳優・タレント

 

著名な家族 葵陽之介(父)鈴花奈々(母)早乙女友貴(弟)鈴花あゆみ(妹)

 

事務所 LDH

 

福岡県北九州市出身。「葵劇団」の劇団員の両親のもとに生まれ、幼少期から劇団員として育った。

 

モデルの西山茉希と結婚。ふたりは6歳差の姉さん女房である。

 

小学校のころ、ビートたけしがこの早乙女太一(さおとめたいち)を気に入り、銀幕にも登場。

 

両親が劇団員、という特殊な家庭で生まれた早乙女太一(さおとめたいち)一家は、両親、早乙女太一(さおとめたいち)の妹まで演劇に携わっている一家。

 

生粋の俳優と言えるだろう。

 

両親から、子どものころから厳しく育てられたという早乙女太一(さおとめたいち)。その家庭は通常の家庭と少し違うものであったようだ。

 

そんな理由から、早乙女太一(さおとめたいち)は結婚やその生活にも、影を落としていた。

 

スポンサードリンク

心を殺す人生

早乙女太一(さおとめたいち)は、俳優の家庭に生まれた。

 

両親は劇団員で、劇団朱雀の代表。その長男に早乙女太一(さおとめたいち)、そして妹がいる。

 

そんな早乙女太一(さおとめたいち)は、子どものころから、両親に劇団で厳しく育てられる。

 

本人は、自分は心を殺して生きてきた、と語る。本来なら、両親に思い切り甘え、自由に考える時間のはずの子ども時代、早乙女太一(さおとめたいち)は常に完璧を求められて育った。

 

その辛さは、いかばかりなものか。

 

その早乙女太一(さおとめたいち)の成育歴は、自分の結婚生活をも変えてしまう。

 

モデルの西山茉希と結婚。現在1児をもうけている。

 

しかし、早乙女太一(さおとめたいち)は西山茉希との間に暴力事件を起こしてしまった。

 

それは、子ども時代のことが少なからず影響しているのだろう。

 

被害者である西山茉希は、「自分はダメンずが好き」と公言しており、現在も結婚生活は続いている。

 

そんな早乙女太一(さおとめたいち)は、ある意味では幸せ者なのかもしれない。

 

最近、子供を連れてハワイで挙式した。そのときの服装に物議があったが、本人たちがいいならそれでいいのだろう。

 

結婚の形も、人それぞれ。

 

早乙女太一(さおとめたいち)の今後の活躍に期待したい。


スポンサードリンク

コメントを残す




*