フランスのモン・サン=ミッシェルと広島の宮島、世界遺産の意外な共通点とは・世界ふしぎ発見!

フランスのモン・サン=ミッシェルと日本の広島の宮島。ともに世界遺産です。

遠く離れた 2つの世界遺産の神社と神殿は、実は意外な共通点がいっぱいありました。

その不思議なつながりについてご紹介します。

スポンサードリンク



夢のおつげで1000年前

モン・サン=ミッシェルと宮島は、両方とも世界遺産の中では大変珍しい水の中の作られたものです。

宮島は言うに及ばず、モン・サン=ミッシェルにはわたるために橋がかけられています。

そして、両方とも、作られたのは「神をまつる」ため。日本とフランス、まったく違う国なのに、それぞれの神様をまつるために作られたものなのです。

そのきっかけも同じ。どちらも、当時の人々の「夢のお告げ」で作るように指示されたのをご存知でしょうか。

そんな偶然あるのかよ、という感じですが、これは本当。フランスと日本、それぞれの神様が、「海の中に神殿、神社を作れ」と言ったんですね。

そして、歴史も同じくらい古いです。

宮島は、できてから850年間なんの損傷もなく続いてきた神社。

モン・サン=ミッシェルもそう。歴史は1000年を超えます。

そんなモン・サン=ミッシェルと宮島は、姉妹都市の提携をし、お互いの国の世界遺産として交流し、絵画を送りあったり記念式典が行われたりしています。

はるか遠くの国同士、不思議な縁でつながったモン・サン=ミッシェルと宮島、今後も長く残ってくれるといいですね。

スポンサードリンク

絶対に行きたい世界遺産

モン・サン=ミッシェルと宮島。どちらも神秘的なことこの上ない世界遺産。

絶対に行きたい世界遺産のひとつですね。

どちらも海の中、というのもいいです。アンコールワットなんかは歴史を知らないといまいち「すごい建物だなあ」というだけで終わってしまうんですが、モン・サン=ミッシェルと宮島は海の中。

景色がいいことは間違いなし。それに神秘的ですよね。

そんなふたつの世界遺産にこんなに共通点があったことにほんとに驚きました。

日本の関東に住んでいるとどちらも気軽に行けるわけではありませんが、これは絶対に行きたくなりました。

日本は島国。富士山だって、富士五湖からみたいですよね?逆さ富士とか。

水の中にある、というだけで神秘性150%増しですよね。

お金と時間を見つけて絶対に行きたいモン・サン=ミッシェルと宮島でした。

まとめ

モン・サン=ミッシェルと宮島。遠くて何の関係もないようなふたつの世界遺産ですが、実はたくさん共通点があったのです。

交流もきっとずっと続くと思います。どちらも天変地異で何かある前に行きたいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す




*