日産セレナ、自動運転車が300万円以下で・ガイアの夜明け

2016年の夏、日産が発売した自動運転を装備した車、セレナ。

自動運転の技術は進歩しているが、海外では高級車に限られている。

あえて自家用車として一般的なセレナを狙った日産の思惑は当たるのか。

スポンサードリンク



自動運転のいろんな機能

日産の新型セレナが搭載している自動運転機能は多岐にわたります。

主な機能としては、

先行車追随
単独走行
先行車ブレーキ検知&自動停止
停車保持(停車から発進は運転手アクセル操作による手動)
カーブ自動ステアリング制御
先行車車線変更時の新先行車自動セット
割り込み時の新先行車自動セット

もはや何かのスパイ映画に出てきそうな装備ばかり。

これ以外にも高速道路への合流を自動運転できる機能や、外部の車に対してのインフォメーション機能もつくのだとか。

車に詳しくないとよくわからないでしょうが、これはほんとにすごいことです。お茶の水博士がアトムを作ったくらいすごいです。

自動車の運転については、ハンドブレーキを運転手が引くことや、ハンドルから一定時間手を離してはいけない、というような規則があるのですが、日産では、今後のそうした「今までの常識」を覆した車種、自動運転を目指していくようです。

まだまだ発展途中の自動運転機能ですが、今後には大きく期待ができそうです。

スポンサードリンク

ペーパードライバーがいなくなる?

車の機能を極限まで高めて、自動運転のみならず、ガイド機能やセンサーを駆使した「快適な車」が現実的になってきました。

昔の、呼ぶと来る車のような感じですね。考える車です。

高速道路の合流まですでにやってくれるんですから、本当にペーパードライバーがいなくなる日も近いかもしれません。

教習所でマニュアルを訓練する必要もなくなるかもしれませんね。

今回のセレナの開発は、まさにそのくらいすごいものだと思います。

一応免許は持っている私も(ペーパーでゴールド)、「まじでか?」と思う機能がたくさんついています。

車内も快適に動けるようになっているようですよ。よくわからないのでそれは専門のサイトに解説を頼みますが。

このセレナなら、ペーパーの私でも運転できるかも・・・とちょっとドキドキしています。

それでも価格帯は300万前後。もっと安くなって、機能が伸びて、中古車で自動運転が出てくるくらいになったらきっともっと広がると思います。

まとめ

既存の車に対する日産の挑戦。世界の高級車に対して、セレナという一般車で勝負に出ました。

これが世界でどのくらい受け入れられるか、普及するかは見ものですね。


スポンサードリンク

コメントを残す




*