スーパー・ササダンゴ・マシン・マッスル坂井・クイズ番組での活躍ぶりは?くりぃむクイズミラクル9

スーパー・ササダンゴ・マシンことマッスル坂井。プロレス界ではいろいろ物議を醸し、人気者であったが今回はクイズ番組への出演。

 

新潟大学大学院の技術経営研究科に入学したことがあきらかになっており、プロレスのみならずクイズも行けそうな感じ。

 

そんなスーパー・ササダンゴ・マシンことマッスル坂井の軌跡をご紹介。

 

スポンサードリンク



スーパー・ササダンゴ・マシンことマッスル坂井プロフィール

リングネーム:マッスル坂井
スーパー・ササダンゴ・マシン
マッスル・レスナー

 

本名:坂井良宏

 

ニックネーム:和製レスナー
エッジな人々
マッスル・オブ・ジョイトイ
模倣の天才
越後の殺戮マシニングセンタ

 

身長:186cm

 

体重:120kg

 

誕生日:1977年11月5日

 

出身地:新潟県新潟市

 

所属:TEC

 

スポーツ歴:剣道

 

スーパー・ササダンゴ・マシンの名前の由来はスーパーストロングマシンと新潟の名物ささ団子をかけ合わせたもの。

 

スーパー・ササダンゴ・マシンとしてリングに上がっていてもなにかとマスクを脱いだり周りから「坂井」と呼ばれているので正体はバレバレになっているらしい。

 

新潟明訓高校時代には漫画家志望であり、漫画誌で努力賞をもらっている。

 

そんな架空の世界にあこがれたのか、それを現実にするプロレスの道に。トレーナーはあのアニマル浜口。

 

プロレス界でも何かとお騒がせな人である。

 

スポンサードリンク

スーパー・ササダンゴ・マシン歴史

 

大学は早稲田の第二文学部。早稲田の夜学である。

 

大学で映画研究会に入り、そこでプロレスの映画をとることに。それがきっかけでアニマル浜口のトレーニングを受けるようになる。

 

そしてマッスル坂井としてプロレスデビュー。同年にはプロレス「マッスル」興業を始める。

 

大変活動的で行動的だ。独立心も強く、プロレスラー向きと言えるだろう。

 

その後、「ドラマチック三銃士」「B-52スペシャル」などのユニットも結成し話題に。

 

DISASTER-BOXに心酔し、「魔ッスル坂井」としても活躍。本人は「DDTテック(現:TEC)」の社長でもあった。

 

その後、「DDTテック(現:TEC)」との選手契約をしていないことに気づく。ノーギャラでリンクに上がっていたが、正式に契約し、1試合5000円で試合をしていた。

 

「二代目マッスル坂井決定戦」にスーパー・ササダンゴ・マシンとして登場し、負けるが、勝者にはマッスル坂井の固定資産税やその他納税の義務があることを知り、勝者が辞退。スーパー・ササダンゴ・マシンがめでたくマッスル坂井に返り咲いた。

 

なんとも適当な演出である。

 

スーパー・ササダンゴ・マシンとしては新潟のプロレス団体と契約。コスチュームもささ団子風に緑である。故郷の新潟の振興に努めている。

まとめ

 

演出が多いプロレス界で漫画の世界を現実にしたスーパー・ササダンゴ・マシン。

 

映像制作にも取り組み、映像班としても活躍した。

 

今回はクイズ番組への出演。大学院での勉強を生かせるか、見ものだ。


スポンサードリンク

コメントを残す




*