高橋惠子たかはしけいこ、実は失踪事件も、波乱万丈な人生・くりぃむクイズミラクル9

控えめで落ち着いた微笑みが印象的な高橋惠子さん。

今回はくりいむしちゅーとの共演ですが、実は昔恋人と失踪していた過去が。

デビュー作から問題ばかりだった高橋惠子さんの女優人生を追います。

スポンサードリンク



高橋惠子が関根惠子だったころ

高橋惠子さんは旧姓が関根恵子(せきね けいこ)、北海道川上郡標茶町字磯分内熊牛原野の出身の女優さんです。

問題作となった「高校生ブルース」では、大胆なヌードと、高校生で妊娠し、その子どもを男に腹を蹴らせて流産するというすごいもの。

それによって、関根恵子という女優さんには、「奔放でエロい」というような印象が着いてしまったのだと言います。

そんな高橋惠子さんが失踪事件を起こしたのは、舞台の「ドラキュラ」の真っただ中。

行く先はバンコクで、一緒に行ったのが当時の恋人、河村季里という男性。

当時はかなりカリスマ性のあるタイプの人だったらしく、高橋惠子さんもそれに感化されたみたいです。

この方は現在株式会社K&Bパブリッシャーズという会社を経営しています。

そうして二人で逃避行に出た高橋惠子さん。「死ぬつもりだった」と当時のことを語っています。

1982年に「TATTOO<刺青>あり」の舞台で高橋監督と出会い、運命を感じて結婚。今では一男一女の幸せの生活を送っています。

スポンサードリンク

高橋惠子という女優

高橋惠子さんという方のプロフィールをざっと見てきましたが、なんというか、私には「きっとすごく真面目で純粋な人だったんだろうなあ」という印象が強いです。

若いころ恋人と逃避行したことを騒ぐ人もいますが、みんな若いころにはそれなりにそういう経験あるんじゃないですかね?

恋愛と、生と死。それに真正面からぶつかっていったのではないか。そんな風に感じます。

けっしてこの高橋惠子さんが特別だったわけではないような気がします。

結局100日くらいで帰ってきて、ちゃんと仕事をして落ち着いた結婚をしているのですから、それを考えると高橋惠子さんの失踪事件はある種の「通過儀礼」といいますか、子どもから大人になる過程のどこかにあるものなんだと思います。

そうした経験をしているから、その後幸せな結婚ができたんだと思いますよ。

高橋惠子さんは「関根恵子は死んだ」と思ったそうですが、それがまさにその証拠。

無事に帰って来てくれてとにかくよかったです。

まとめ

優し気な微笑みからは考えられないくらいの大騒ぎをしていた高橋惠子さん。

きっと結婚し、親になって今は自分の中でもすべて整理できているのでしょう。

これからも、そうした経験を語ることで、若い世代の迷っている人たちの支えになってほしいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す




*