てらそままさき・映画マレフィセントのステファン役・シャールト・コプリーの声優

映画マレフィセントのステファン役の声優てらそままさき。

 

シャールト・コプリーの役を見ごとに演じている。

 

そんなてらそままさきの芸歴にはいろんな役柄、いろんな舞台がある。

 

そんなてらそままさきについて調べた。

スポンサードリンク



てらそままさきプロフィール

名前:てらそま まさき

 

旧芸名:てらそま 昌紀

 

生年月日:1962年5月8日

 

出身地:兵庫県西宮市生まれ、大阪府出身

 

身長:178cm

 

体重:74kg

 

血液型:A型

 

仕事:俳優、声優、ナレーター

 

本名は寺杣 昌紀。ひらがな、漢字と混ざっているのは、本人が「寺杣」の「杣」が読みにくいから、という理由で使い分けている。声優以外の仕事では本名の寺杣 昌紀という名前を使用している。

 

桐朋学園大学短期大学部卒業

 

劇団俳優座に。

 

1984年「Wの悲劇」でデビューした。

 

本来は俳優業の人だが、仕事の幅を増やし、今ではアニメや映画、海外ドラマの声優も務めている。

 

スポンサードリンク

てらそま まさきはどんな人?

俳優に、ナレーターに、声優に、といろんな活躍をしているてらそま まさき。

 

アニメでは「ナルト疾風伝」にも登場した。一番わかりやすいのが、おそらく海外ドラマ「ER緊急救命室」のルカ・コバッチュの役。ああ、ERのルカの人、と思い出す方も多いのではないだろうか。

 

低めの重厚感のある声で圧倒的な存在感をはなつてらそま まさき。もう声優としてもベテランの域だろう。

 

個人的には、「キャミソール」が好き。もちろん、女性の着るあの「キャミソール」。ラジオ番組を通じてデザインを手掛け、現在では第2弾が出るほどの人気。販売、製造もしているらしい。

 

そんな感じでプライベートはざっくばらんな人のようで、飼い始めたマルチーズの「マロン」がかわいくて仕方がないらしい。本人は、こんなにかわいいとは思わなかった、と感想を口にしている。

 

妻は22歳の時に結婚した高校時代のの先輩で、娘はコンテンポラリー・ダンサーで振付師の寺杣彩。

 

まとめ

もう声優としても代表作があり、顔を見れば「ああ、この人知ってる」というくらいのベテラン俳優のてらそま まさき。

 

今回は映画マレフィセントで、ちょっとした悪役に挑戦する。きっと抜群の演技力で面白いステファンを見せてくれるだろう。


スポンサードリンク

コメントを残す




*