とり皮は福岡グルメ!専門店でもでも愛されているソウルフード・秘密のケンミンSHOW

好き、嫌いがすごくわかれている焼き鳥の品、というと、上がってくるのがレバーに続き、とり皮ではないでしょうか。

もちもちした絶品のとり皮は福岡の人にはソウルフード!10本まとめ買いも当然。

そんなおいしいとり皮が食べられる店について調べました。

スポンサードリンク



福岡のソウルフード、とり皮

表面はパリッとしているのに、噛むほどに油が出てきてじゅわっとなる。それが焼き鳥のとり皮。

コラーゲンたっぷりのとり皮ですが、「そもそも皮は食べるとこじゃない」「食感が苦手」という方も多いのでは。

そんなとり皮が九州、特に福岡の人たちにすごく愛されていることをご存知でしょうか。

焼き鳥のとり皮は、福岡の人にはソウルフード。しっかり焼かれて調理されたとり皮を食べれば、きっとそれまでの苦手意識がなくなるでしょう。そのくらいのおいしさ。

とり皮専門店のベスト3を発表しておきます。

1かわ屋 薬院店

・住所: 福岡県福岡市中央区白金1-15-7 ダイヤパレス 1F
・アクセス: 西鉄・地下鉄七隈線薬院駅より徒歩約5分
・営業時間: 17:00~24:00
・定休日: 年中無休
・電話番号: 092-522-0739
・料金: とり皮 100円

2 とりかわ 粋恭 薬院店

・住所: 福岡県福岡市中央区薬院1-11-15
・アクセス: 薬院大通駅から約4分
・営業時間: 17:00~24:00
・定休日: 年末年始
・電話番号: 092-731-1766
・料金: とり皮 130円、豚バラ 100円

3博多とりかわ大臣 駅前串房

・住所: 福岡県福岡市博多区博多駅前4-5-5
・アクセス: JR博多駅博多口より徒歩約10分、西鉄バス 駅前4丁目バス停下車徒歩約1分
・営業時間: 17:30?24:00
・定休日: 年末年始
・電話番号: 092-409-3786
・料金: 博多とりかわ 95円
・公式サイトURL: http://www.hakata-torikawa.com/

九州に行ったときには、ぜひとり皮を!やみつきになりますよ!

スポンサードリンク

とり皮好きにはたまらない

私は出身は埼玉ですが、もう無類のとり皮好きです。

焼き鳥に行っても食べるのはとり皮だけ。ひたすらとり皮を食べるので、「だから太るんだよ」とか「そんな食べるから体に悪いんだよ」とかすごく言われます。

しかし博多美人が10本単位でとり皮を食べている、と聞き、すごく安心しました。だってとり皮はそのくらいのおいしさですもの!いくら食べても飽きませんもの!

あのぐにぐにした食感と香ばしい感じが何とも言えないとり皮。

今度の旅行はぜひ九州に行って、本場のおいしいとり皮をひたすら食べてみたいですね。20本くらい。

まあ、それで太るのかもしれませんが。しかし、とり皮をひたすら愛す人間もいるのですよ。

九州旅行、ちゃんと考えます。

まとめ

九州、福岡の人にはソウルフードのとり皮。博多の方でも食べられているよう。

意外な場所に意外なソウルフードがあるものです。なんだか感心してしまいますね。

とり皮が好きな人は、みんなで九州に行って食べましょう!


スポンサードリンク

コメントを残す




*