つばめグリル、石倉悠吉いしくらゆうきちの正直経営とは・カンブリア宮殿

今や銀座の老舗となった「つばめグリル」。

 

その現在のつばめグループを作った石倉悠吉(いしくらゆうきち)の理念は「正直経営」。

 

嘘をつかない経営で、ロングリピーターを産む知恵とは何か、調べました。

スポンサードリンク



正直経営と「つばめグリル」

現在全国に24店舗をもつつばめグループ。

 

その社長である石倉悠吉(いしくらゆうきち)さんには確固とした経営ポリシーがあります。

 

それが正直経営、というもの。なにに嘘をつかないか、見ていきましょう。

 

まず、お客様に嘘をつかない。これは外食チェーンでは当然のことのようだが、案外できていないそう。

 

化学調味料や添加物を使って鮮度の悪い食材を使う。これでは長い目で見るとお客様のためになりません。

 

そして、シェフに嘘をつかないこと。外食産業では、増えたシェフを解雇して新しいシェフを雇うことがよくあるのだそう。そうではなく、自分の店でシェフを育てる。それが作る側への正直さだと言います。

 

材料の生産者にも正直であること。一時的ではなく、長い契約でいいものをしっかり作ってもらう。それが生産者にとってもいい、お互いに得をする関係であるそう。

 

そして石倉悠吉(いしくらゆうきち)さんが最初に知った正直さは「同じ銀座の老舗の仲間に正直であること」。嘘をついて経営してもつぶれてしまう。お互いに知った顔の相談相手や地域の仲間を持つことで、いい経営ができるそうです。

 

スポンサードリンク

正直経営の難しさ

では、実際にその正直経営をできるか、というと、ほとんどの店舗、あるいは事業者が無理だ、というのではないでしょうか。

 

石倉悠吉(いしくらゆうきち)さんくらいの徹底した嘘をつかない経営であれば、いろんな関係がウィン・ウィンとなり、みなが一緒によくなっていけます。

 

しかし、たとえば私のようなアフィリエイトで稼ぐ人間は、もうそれだけで「胡散臭い」と言われてしまいます。

 

それは、一部の人間が利益のために、手段を選ばないで簡単に嘘をつくから。人に迷惑をかけるからです。

 

そうした業界全体の発展を考えたとき、石倉悠吉(いしくらゆうきち)さんの外食産業に対する貢献度はどれだけ高いか。考えるまでもありません。

 

石倉悠吉(いしくらゆうきち)さんのようなポリシーをもった人間がネットビジネスに増えてくれれば、業界全体の「胡散臭さ」もなくなるのかもしれません。

 

まとめ

最終的にはみんなが幸せになる、石倉悠吉(いしくらゆうきち)さんの正直経営。

 

外食産業だけでなく、あらゆる産業でもそれは共通ではないでしょうか。

 

まずは仲間に堂々としていられる経営を、と考えた石倉悠吉(いしくらゆうきち)さん。

 

「つばめグリル」の人気は当然のように感じました。


スポンサードリンク

コメントを残す




*