「トイレの神様」の植村花菜うえむらかな、旦那の清水勇博さんの情報も・人生が変わる1分間の深イイ話

一時期有線でずーっと流れていた曲、「トイレの神様」。懐かしいですよね。とってもいい曲で、私も大好きでした。

そんな「トイレの神様」を歌った植村花菜さんは、今は地元の兵庫で暮らしているのだとか。

旦那さんの清水勇博さんの情報と一緒にご紹介します。

スポンサードリンク



植村花菜さん、清水勇博さんのプロフィール

植村 花菜

本名:植村 花菜(旧姓)

別名:清水 花菜(本名)

生年月日:1983年1月4日

出身地:兵庫県川西市

楽器:ギター

植村花菜さんはおばあちゃん子だったそうで、子供のころからおばあちゃんが大好きだったそう。

シンガーソングライターになってからは、デビューしてから苦悩もあったようですが、「自分の体験を歌にしてご覧」というアドバイスを受けて、作ったのがあの「トイレの神様」だったそうです。

きっと、植村花菜さんの人生のすべてがそこにあるのでしょうね。

現在の植村花菜さんは、息子さんのタロちゃんと一緒に夫の清水勇博さんと兵庫県に住んでいるようです。

場所的には、阪急電鉄川西能勢口駅や兵庫県西宮市神楽町の噂の八百屋というあたりが関係あるようです。地元の人ならわかるのかもしれません。

芸能スキャンダルでキングコングの西野亮廣さんと別れてすぐに結婚した旦那さんの清水勇博さんです。

年齢も近く、地元も同じ兵庫県。洗足学園大学を卒業した方のようですね。

現在は関西を中心に音楽活動をしているミュージシャンです。今回の深いい話にも登場します。

芯が強い、と言われている植村花菜さんと仲のいい夫婦だという清水勇博さん。プロフィールを乗せておくと、

生年月日:1983年生まれ

出身地:兵庫県

甲南中学入学と同時に学校のビッグバンドのクラブでドラムを始める

2005年、横浜プロムナードコンペティションでは西山瞳trioでグランプリ

個人では洗足学園大学賞を受賞

indigo jam unit、西山瞳trio parallax、木畑晴哉trio、清水勇博trio,soloなど

関西を中心に活動中。

芸能活動は順調のようですね。

そんな植村花菜さん一家の様子が大変気になるところですね。

スポンサードリンク

いわゆる一発屋、と言われてしまっている

「トイレの神様」であれだけの人気を飛ばしながら、なかなか次が出ず、結局芸能界から姿を消してしまった植村花菜さん。

それでも、きっと植村花菜さんにとって、「トイレの神様」はそれまでの音楽人生のすべての集大成だったのではないでしょうか。

それを発表できたから、きっとあれだけの人気になり、植村花菜さん自身もけじめがついたのかもしれません。

芸能事務所とは喧嘩別れした、とも言われていますが、結局すぐに結婚し、次の人生を歩んでいるのですから、特に問題はないと思います。

それにしても、本当に懐かしい「トイレの神様」。

学校でもみんなが「トイレ掃除始めた」といってましたからね。

そのくらいのいい曲だったんですよ。今の人は知らないかもしれませんが。

現在の生活や、兵庫県でのご夫婦の活躍をぜひ見てみたいですね。

まとめ

「トイレの神様」で大ヒットした植村花菜さん。現在の兵庫県の地元で旦那さんの清水勇博さんと息子のタロ君と仲良く暮らしている様子。

やっぱりトイレ掃除はしっかりしているんでしょうか。その辺、ちゃんと聞いておいてほしいです。


スポンサードリンク
2016年9月25日 コメントは受け付けていません。 テレビ 人物