スティーブ・ウォズニアック・アップルを自力で作った愛される技術者・栄光なき天才たち

「アップルコンピューターはスティーブン・ジョブスが作ったんでしょ?」という人が多いと思いますが、その陰でコツコツエンジニアをして仕事していたスティーブ・ウォズニアックという人がいたことをご存知ですか?

 

スティーブン・ジョブスとともにアップルコンピュータを支えたスティーブ・ウォズニアックについて調べました。

スポンサードリンク



天才でオタク、スティーブ・ウォズニアック

コンピュータオタク、というカテゴリを作ったのが、まさにスティーブ・ウォズニアックという人物でしょう。

 

彼は友人で会ったスティーブン・ジョブスと一緒に、アップルコンピュータの初期の原型であるApple1とApple2を作り上げたエンジニアです。

 

会社の立ち上げにはあまり乗り気でなかったスティーブ・ウォズニアックに、「会社つぶしたくらいがかっこいい」と尻を叩いたのがスティーブン・ジョブスでした。

 

ふたりは大学の図書館に忍び込んで勉強し、ガレージでApple1を作り上げたと言われていますが、スティーブ・ウォズニアックによると、作ったのはガレージではなかったそうです。

 

マーケティングがうまく、アップルコンピュータのブランディングやプレゼンテーションを引き受けアップルの「顔」になったスティーブン・ジョブス。

 

しかし、その陰では常にスティーブ・ウォズニアックがエンジニアとして最高の仕事をし、教育者としても最高の人物でした。

 

現在のアップルコンピュータは、スティーブ・ウォズニアックがいなければ到底できあがらなかったのです。

 

スポンサードリンク

スティーブ・ウォズニアックの性格

スティーブ・ウォズニアックはお茶目でいたずらが好きな、どちらかというとインドア派のコツコツ型の天才タイプです。

 

まさに「オタク」といえるでしょう。子供のころは「もはやギークだった」というほど情報処理にのめり込んでいたそうです。

 

きっとスティーブ・ウォズニアックにとって、大事なのは会社を大きくすることではなく、自分の作った製品で人を幸せにすることだったのだろうな、と思います。

 

イベントで、架空のコンピュータのちらしをくばったり、Apple1を作ったときにはローマ法王に電話した(実際は彼の父親でした)くらいの面白い人です。

 

スティーブ・ウォズニアックから技術を学んだ若い世代が、履歴書に「ウォズニアック大学卒業」と書くほどの人気でした。

 

そんな彼だからこそ、現在のアップルコンピュータのマーケティングを悲しく感じているようです。

 

技術的にはなんの進歩もないのに、ベルトを変えてアップルウォッチを販売するようなブランド戦略は彼にとってはつらいことのようです。

 

「ジョブスがいないことを悲しく思う」と彼は語っています。

 

まとめ

ともにアップルコンピュータを支えてきたスティーブン・ジョブスとスティーブ・ウォズニアック。

 

彼らが内外の両輪となっていたからこそ、アップルコンピュータはあれだけの新しい技術を開発できたのでしょう。

そして、それをお互いに知っていたのです。

 

今後、アップルコンピュータがどのようになっていくかはわかりませんが、「ウォズニアック大学」を出たエンジニアたちに嫌われないといいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す




*