山崎 直子(やまざき なおこ)宇宙飛行士の仕事とプライベート

女性で向井さんの次に有人飛行をした宇宙飛行士、山崎 直子(やまざき なおこ)。

 

仕事で、数々の業績を残しながら、プライベートでは離婚を経験した。

 

いまだ少ない女性宇宙飛行士の難しい現実について調べた。

 

スポンサードリンク



山崎 直子(やまざき なおこ)プロフィール

we_own_the_sky_by_mediumanalog

 

山崎 直子(やまざき なおこ)

 

旧姓:角野(すみの)

 

生年月日:1970年(昭和45年)12月27日

 

出身地:千葉県松戸市

 

宇宙政策委員会委員

 

女子美術大学客員教授。

 

趣味:書道、スキューバダイビング、テニス、など。

 

巨人のファン。

 

多趣味でもあり、大変精力的な活動をしている山崎 直子(やまざき なおこ)。

 

子供のころにプラネタリウムにいき、宇宙に興味を持った。

 

父親が自衛隊員で、それもあって「宇宙に行きたい」という強い気持ちを持った。

 

向井さんより若い年齢で宇宙にいった女性飛行士、そんな山崎 直子(やまざき なおこ)のプライベートの問題は大きかった。

 

スポンサードリンク

山崎 直子(やまざき なおこ)難しい夫婦関係

山崎 直子(やまざき なおこ)には、夫との子供の2人いる。娘である。

 

先日、その夫との離婚が成立した。

 

山崎 直子(やまざき なおこ)という人物は、自分の夢や趣味にも一生懸命な人間。

 

それをずっと影で専業主夫として支えてきたのが夫だった。

 

夫の献身的な支えがあって、山崎 直子(やまざき なおこ)という人物は宇宙に行けたといえるのかもしれない。

 

しかし、あるとき山崎 直子(やまざき なおこ)は、「夫がいつでも支えてくれたわけではない」と発言。

 

それを受けて夫は「自分の人生を歩きたい」と離婚したい旨を表明。

 

そんなことは初めてではなかった。

 

山崎 直子(やまざき なおこ)の夫は、どうやらとても自立したしっかりとした社会人であったようだ。

 

妻の専業主夫として仕事を支える男性はいまは多い。

 

しかし、山崎 直子(やまざき なおこ)の夫は「自らで結果を出したい」と自分の人生を歩むことを決断した。

 

ある意味で、山崎 直子(やまざき なおこ)は「ふさわしい夫」を選べなかったのかもしれない。

 

自分の夢を共有してくれるような夫を選べなかった、そして献身的な夫に対する感謝が足りなかった、そんな側面が見えてくる。

 

どんな夫婦でも、それなりにうまくやるにはコツがいる。山崎 直子(やまざき なおこ)はそれをうまくできなかったといえるだろう。

 

まとめ

これから、女性が社会にどんどん進出していく。そのときに、夫婦の形、それぞれの役割ももっと変わってくる。

 

そんな中でうまく夫婦をやっていくには、まず自分に適した人物を選ぶこと、そして同じ価値観を持っていける人を選ぶことが大事になってくる。

 

この山崎 直子の例は、これからの問題のわかりやすい例になる。

 

女性も男性も、自分の人生をしっかり考えて生きることが大事になるであろう。


スポンサードリンク

コメントを残す




*